ボボコフのブックマーク → ブクマページ
2004年11月18日 | 東京 ☁

NDSの2画面の必要性

発売も近づき、実機に触れられる機会も増えつつあるNDS
評価は上々だが、中には当然不満や疑問の声も。

その中に多いのが
2画面の意味が無い
2画面あっても見れない
1画面で分割表示すれば同じ
というもの。

意味があるのかという事も、見れるかという事も、
結局はゲームデザイン次第なのは間違いないのだが
それで終わりじゃつまらないので何故2画面という仕様になったのかを考える。

何故わざわざ2画面にしたのか。
1画面分割ではダメなのか。

答えは簡単、タッチパネルを採用したから
おしまい。

いや、理由を深く考えてみようと思ったのだがすぐ答えが出てしまった。

今発表されているソフトの多くはゲーム画面を直接タッチして遊ぶものなので、
上の画面はいらないのでは?という反応もわかる。
が、タッチパネルの可能性をあれこれ考えると、
下画面は操作に特化して、ゲームは基本的に上画面で進行するってのもあり。
というかそっちの方が個人的には惹かれるものがある。気がする。
実際にそんな使い方のソフトもチラホラと見られる。
つまり、この2画面という仕様でなければ、
折角のタッチパネルの可能性魅力が、
ハードの仕様の段階で半分潰れるという事。
だから2画面

ほら、必要じゃん。

という仮説。
って普通にみんな気づいてそうだけれど。

2画面の必要性が無いソフトは2画面使う必要ないんですよ実際。
上手く使えるソフトだけが使えばいい。
タッチパネルも。
マイクも。
無線通信も。
ただそれらが標準で全部搭載されている、というのが現時点でのNDSの魅力。

なので、最終的に「ほら、この機能意味無かったじゃんと言われない為にも、
ソフト開発の皆さん、がんばって下さい

やっぱり最終的には、「生かされてこそ」ですからね。
この記事へのコメント
あと「2画面あっても見れない」
ってのがありましたが
これは実際に販売し始めたら
不満は徐々になくなると思います。

なぜなら、私はテレビを2画面で見てますが
番組と番組
ゲームと番組
ゲームとゲーム
どれも慣れると平気になります。

友人がうちに来てゲームをしている時に
私が2画面にして番組を見ていると
最初は見づらいと言っていましたが
数日で馴染んでました。

ちなみに今でも混乱するのは
サッカーゲームしながらサッカー中継を見てると
どっちがどっちかわからなくなる瞬間はあります。
Posted by ローゼンカバリー at 2004年11月18日 14:33
ここには無い疑問を勝手に解消!

DSが少し重いのではないかと言う人もいるようですね。
でも、大丈夫!
重さなら私も少年時代に読んでいたコロコロコミックよりは
数段軽そうなので、その心配は邪推に終わると思います。
Posted by ローゼンカバリー at 2004年11月18日 14:40
>サッカーゲームしながらサッカー中継を見てると
>どっちがどっちかわからなくなる瞬間はあります。
無茶しますねw

コロコロは立ち読みするには文字通りかなりヘビーでしたからね。
あれより重かったら問題外ですってw
Posted by ボボコフ at 2004年11月19日 11:48
想像だけど、過去の製品を見直す作業が任天堂内であって、ゲームウォッチの二画面仕様の中にある「何か」を、再評価する動きがあったんでは。
「何か」が何かは分からないけど。いや分かるような気もするが上手く言えない。

評判を見る限りタッチパネルを評価する意見はあっても、二画面であることに対するそれは、まだないようだ。例によって企画を温存するうちに時期を逃すのか。任天堂は。でもたぶん何かある。気がする。
早く発表すると真似される、とまで岩田社長が言っていたハードだから、よほど自信はあるのだろう。まあのんびりと期待しつつ静観だ。

話変わってピクトチャット。あれ非常に良さそうと思うのだが、部屋の端と端に分かれて座りムフフなどと笑いつつ絵手紙をやりとりするしかないのだらうか?現状では。やっぱりなんとかして広域の電波網をゲットするべきと思うんだが。
Posted by Kとかいう人 at 2004年11月20日 00:11
二画面は多くのアイデアの一つとしてはあっただろうけど
やはりタッチパネルありきで決まった仕様だと思う。
タッチなし二画面はどう考えても必要性が乏しい。

というわけでタッチ関係なしの二画面大活躍な隠しネタは無いと予想。
タッチ絡みなら大活躍のはず。

ピクトチャットはそれが実現するか否かでえらい違いだろうなぁ。

学生なら今の無線の範囲でも大活躍だけどね。
Posted by ボボコフ at 2004年11月20日 01:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/1069547
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。