ボボコフのブックマーク → ブクマページ
2009年07月29日 | 東京 ☁

小学校の掛け算の問題について その2

小学校の掛け算の問題についてのエントリに
こんなコメントをもらったのでそれについて。

文章の通りに式を作れないと、
割り算や中学の方程式に入ってから苦しむ可能性が出てくるし。

今回話題にしているこの
「意味を考慮して掛け算の順番を評価する教え方」
というのは、結局この考え方に基づいているっぽい。
たまたまズバリなコメントだったので引用したんだけど。

確かに意味を理解するのが最重要。
これはその通りだと思う。

じゃあその為にどうするのかという話なんだけど、
上記のやり方はダメダメだと思う。

前の記事にも書いたけど
まず全員に1枚ずつ配ると40枚、
それをそれぞれ24枚ずつなので・・と考えれば
仮に生徒が文章を何度も読みながら自力でよく考え、
この考え方で40×24=960と答えた場合、
上記の指導方法では不正解になる。

文章の意味を理解し、自分なりの考え方に基づいて正しく式を作り、
きちんと解いたにも関わらず。

そして正しいとされる順番で答えさせるというのは
ある意味では公式化と言える。
こういう問題がきたら、答えの単位はこれなので
こういう順序で掛け算をする、という公式。
人によっては意味をあまり理解せずに
ただこれに当てはめて答えると思う。
それは正解。

おかしいでしょ。

そんな事言ったら順番が逆の方だって
意味なんか考えずただ掛けてるかもしれない、とか
理屈が間違ってるかもしれない、とか思うかもしれないけど、
それは当たり前でその通り。

結局式を見て考え方を評価しようとしているのが
根本的に大間違いなわけで。

なので意味をきちんと理解できるようにしようとするならば、
式ではなく言葉で意味を説明させて
それを評価するしかないと思う。

それが大変だからなのかはわからないが、
とにかく今行われているらしい掛け算の順番を評価するやり方は、
きちんと考えて理解したにも関わらず×をつけられてしまう子がいるという事と、
意味を理解しなくても正解できるという事から、
とりあえず正解できる子は増やせるかもしれないが、
「意味を理解させる」という目的は果たせないように思う。

こう考えると意図と反対の結果になるような気がするけど。

さらに書くと、そのやり方で「ちゃんと理解できている子」も、
とりあえず「そのやり方は」理解しているだけだ。
他の解き方や他の考え方もできる柔軟性があった方が、
後々も必ず役に立つ。

自分にはもうデメリットしかない指導方法に見えるけど。

後に交換法則?だっけ?
こういう名称とか実は全然わかんないんだけど、
掛け算は順番を入れ替えても成り立つ、とか数学で教わった時に
僕は「超今さらな当たり前の事をなぜ今やるの?」と疑問だった。
ひっくり返しても意味は同じなんだから結果も同じ。

小学生の時に「意味が大事」なんて言われつつ
順番が正しくないと不正解と教えられた子は
ここでまた混乱するんじゃないの?

というわけで、意味を理解するのが大事だからこそ
順番はどっちでもいいという教え方が絶対正しいと思う。
タグ:算数 学習 教育
by ボボコフ | Comment(5) | TrackBack(0) | 雑記:変 | edit
この記事へのコメント
なんか怖い。
子供の事を考えると混乱しそうで怖い。
でも、こういう教え方なら混乱してくれた方が良い気がする。
柔軟な考え方ができるように育って欲しいけど
どうなるのだろう…
うちの子はまわりに算数好きな大人が多いからうまく教えてもらえるかな?
学校だけに頼れないと考えてしまうのも嫌だけど、
ちゃんと見ていないとだめだね。

私は頭良くないし、文章通りに式を作れない子だったと思うけど
中学の方程式は理解できたと思っている。
でも、それも公式を覚えただけだったのかな…

子供にはやわらか頭でいてほしいなぁ
子供の可能性を伸ばしてあげる教育って難しいのかね。
Posted by かき at 2009年08月18日 09:22
算数・数学に限らず、どんな人に教わるかっていうのは
かなり影響が大きいから、
教えていく側としては本気で考えていく必要があると思います。

でも正解は無いから、注意深く観察しながら何が必要か見極めていくしかないのかなぁ。
Posted by ボボコフ at 2009年08月18日 10:06
自分の遺伝子の悪さを棚にあげて教育に責任を押し付けてるダメな大人増えたねぇw
Posted by い at 2009年12月04日 21:47


それはここでは的外れですよ。
Posted by ボボコフ at 2009年12月14日 15:00
はじめまして☆
素敵なサイトですね^^応援してますよ♪
Posted by gree at 2010年05月09日 10:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのTrackBack URL
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。