ボボコフのブックマーク → ブクマページ
2010年03月31日 | 東京 ☁

新助っ人スタルツ登場

スタルツ獲得がほぼ確定との事。

外国人枠をどうするかなんだけど
ジオを中継ぎにまわしてスタルツを先発というのが
一番良い形な気がする。

先発:マエケン、スタルツ、斉藤、青木高、篠田、小松(長谷川、今井)
中継ぎ:シュルツ、健さん、梅津、横竜、ジオ、大島(長谷川、小松)
抑え:永川

あら不思議。
結構戦えそうな面子に見えてきた。
僕だけかもしれんけどw
スタルツが本当に活躍するのかまだわからないしね。

永川配置転換なんて話が出ているけど、どうかと思う。
状態は良くないんだろうけど結局その形で開幕を迎える判断をしたわけで、
内容はともかく失敗はエラー絡みの1回なのに。
これで代えるくらいなら最初から別の人にしろと。

それから配置転換するならいっそ2軍調整の方が良い。
転換ってじゃあ永川をどこで使うの?という感じ。
代役はシュルツなんだろうけどシュルツは去年もそうだけど
火消しの役割で相当貢献していた。
その代わりは誰よって事になってくる。

大竹の離脱もあって開幕から投手陣がかなりグラついているので
ここで早々に抑えまで弄るのはちょっとどうかと思うなぁ。

やるならある程度形が落ち着いて、
スタルツ加入→1軍合流となったタイミングでも良いような。
そこまで不安定な投球が続いているなら、
ジオが中継ぎに回る分シュルツを最後に回しても影響が小さく済むので。

それからまた大野コーチの話。
僕は別に大野擁護派とかじゃないんだけど
世論があまりにも批判的なので
批判的な気持ちは当然ありつつもう少し長い目でみようと思っている僕としては
どうしても擁護的な立場の意見を書くことになってしまう。

まず大竹について。
球数制限撤廃に伴い、大喜びで270球ほど投げ込んで、
翌日以降肩の張りが取れませんと言って今に至る大バカモノなわけだが
球数については大竹は特例なのか知らんけど
ブラウンの時だって毎年200球以上投げてる日がある。
鉄腕というイメージもあったし、
大竹が270球というニュースに限定してみれば
多くのカープファンは「こいつ調子に乗りやがってw」程度に
苦笑いしつつ見ていたと思う。
それが離脱とわかった途端に大野ふざけんなという流れにはちょっと、、と思う。
ブラウンの時でも起こり得たし今年が特別にリスクの高い内容だったわけでも無いかと。
(そういう意味ではアニヤさんの時こそよくみんな生き残ったなと。。。)

確かに球数制限撤廃に関しては最初から懸念の声が多かったけど、
故障らしい故障は大竹と今井だけ。
・・だよね?
横竜は走塁練習の時だし。
健さんもそんな無理してなかった印象。年のせい?

まあフォーム崩した、調子上がらないみたいな選手が
そこそこいるのがまたややこしいんだけど。

僕としてはその辺りの大野の力量こそ疑問であって
投げ込むなら投げ込むでそれがよりプラスの方向に働くような
適切なアドバイスを大野が行っているのかどうかが気になっている。
というか、現状から見るとそれはできていなかったんじゃないかと思う。
篠田・斉藤辺りは心配な状態だし。
なので騒がれている球数制限等の方針よりも
特徴や問題点の見極めといったより本質的な部分で
大野は怪しいという気はしている。

ただ、それもこれも現時点で
今ほど極端に批判されるのはどうかと思う。

それだったら野茂はどうよ、とかも思う。
キャンプに臨時コーチとして登場し
あれこれアドバイスして帰っていったけども。
あれが合わなかった可能性は?
野茂コーチに関しては得るものも大きいだろうし
僕としては肯定的に捉えているけど、
その場で感じた事を色々と指摘したわけで、
選手もやはり世界の野茂なので
より取り入れようと努力したりしたんじゃないかと。

もちろん大野じゃなくて野茂のせいという話ではない。
いろんな要素があってさらにこれから結果が
出てくる(良くも悪くも)ものもある中で
現時点で大野だけを戦犯扱いで大騒ぎというのは何だかなぁと。

・・また長いけどついでに書くと、
先発は完投しろとか何だという発言もよく批判材料として取り上げられるけど、
それは額面通りに聞く必要はないはず。
なぜなら結局シュルツも健さんも中継ぎに回しているから。
中継ぎの重要性はちゃんと認識しているという事。
これだけ先発不足・中継ぎ充実という編成をしておきながら
投手に完投を本気で求めるなら狂気の沙汰。

結局これはケンジローもそうなんだけど
気持ちの部分の話を強調しすぎるんだよね。
カープ育ちらしいと言えばそうなんだけど。

で、ケンジローはともかく大野の場合
選手へのアドバイスも結局そのレベルなんじゃないかというのが凄く不安。

・・擁護すんのかしないのかよくわからん話になってしまった。
この記事へのコメント
どうもw
ルーパーさんブログ経由でお邪魔します。

うーん、私はもう大野コーチに「敵マーク」が付いてしまい肯定的に見れなくなってるのかもしれません。
但し、考えながら投げるという部分は良いと思っています。
「とにかくストライク先行で」
この「とにかく」の部分が物凄くプロっぽくないw
レベルの低い話だと思うんですよね。
基本中の基本なわけで。
ただ、客観的に見ればその指示を変更したくらいで悩み込んでしまうメンツが多いという発展途上なチームなわけで・・・。
いきなり大野コーチはそんな彼らに求める部分が多いように思えてなりません。
偏差値50すれすれな学級に
「よーし、今日からみんなで東大目指すぞ〜」
ってのも・・・。
(極端過ぎますかw)

月並みな言い方ですが
「徐々に浸透させていけば」良かったのではないかなと。
全壊し→再構築 って、相当なギャンブルだと思うんですよね。本人にその気が無くても私にはそう見えてしまいます。

まあ、誰かを悪く書いても気分の良いものではないですし、私もしばらくは静観してみます。
カッとなる性格なもので・・すみません。

これからも宜しくお願い致します。
Posted by しばさん at 2010年03月31日 17:55
大竹に関して広島以外の人にどれだけ報道が流れているのか知らないけど

あのときは

1 数日後に練習試合の登板があるのに270球投げ込む

2 紅白試合でボールが思うようにいかなくなり2回3失点

3 紅白試合直後に内容に不満を感じた大野が強制的に追加投げ込み数十球させる

4 大竹が肩の張りが取れないと訴える

5 ルーズショルダー?だと診断が下る

って流れだったような。間違っていたら悪いけど。

ブラウンが春季キャンプで200球の投げ込みを許可した年でも
秋季キャンプは年間の疲れを取るために投げ込みを1球もさせなかったから許可したのであって
大野は怪我のリスクとかブラウンが綿密に行っていた事を全くわかってない証拠かな。
トドメも大野の紅白試合後の追加投げ込みにあると思うし。

大竹が要領が悪いと言えばそうだけど、少なくともブラウンは大竹がムキになる性格なのも考慮して配慮していたし
もっと言えば沢崎、山内、カンエイでもそれくらいの思慮はできると思う。

俺は見ないから知らなかったけど、2ちゃんねるの批判とか凄いんやね。
でも言われて当然の行動をとってると思うけどね。
Posted by ルーパー at 2010年03月31日 23:10
■しばさん
どうもです。
こちらこそ宜しくお願いします。

>私はもう大野コーチに「敵マーク」が付いてしまい肯定的に見れなくなってるのかもしれません。
こういうのありますねw
コージの時とか僕もそうでした。
ブラウンにも最後の2年とかはそれに近いものがありましたし。

ただ敵マークを付けてしまうと
良い部分悪い部分の見極めができなくなりがちだと思うんですよね。
これは自戒を込めてなんですが。

それからちょっと僕も冷静に考え直したんですが、
僕は別に大野擁護でも何でもなくて、
「球数制限撤廃」そのものが悪なのではないのでは?
という事が言いたいだけでした。

配慮が足りない、適切な助言がない、といった部分で
大野ダメじゃん、というのは僕も思ってますのでw
Posted by ボボコフ at 2010年04月01日 14:15
■ルーパーさん
270球の投げ込みと紅白戦の間は確か1週間ほどあったと思います。
その間どのように過ごしたのかは知らないのですが。

で、紅白試合直後に投げ込みをさせたというのは初耳でした。
確かにこの情報があるか無いかでは印象が全然違います。
これが本当なら僕ももうちょっと騒がないといけませんw

>大野は怪我のリスクとかブラウンが綿密に行っていた事を全くわかってない証拠かな。
そうですね。
昔と比べれば本当に最低限の配慮はしてくれるようになったと思うのですが、結局危険なサインが出たら全力でブレーキを踏みますという事でしかないですからね。
サインが出ないように、という配慮は全く感じませんし。

僕はもうちょっと融通が利く人なのかなと見ていた部分があるので、残念です。。
Posted by ボボコフ at 2010年04月01日 14:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/145245036
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。