ボボコフのブックマーク → ブクマページ
2006年06月14日 | 東京 🌁

オーストラリア戦

今さら書くまでも無いけど一応。

内容的には負けで仕方なし。
結果的には勝てただけに勿体無い。

僕が日本代表についてずっと言い続けてきたのは
・ツートップならば柳沢と誰か。柳沢固定。
・松田呼べ。
これに尽きる。

どういうわけかドイツ戦以降、柳沢の動きの質の話が盛んに語られ
柳沢は外せない、、というような報道が多くなった。
ようやく気づいたか、その通りだ、とか思いながら見てた。

そして松田は結局選ばれなかった。
トルシエは俊輔を選ばなかったから許せなかったんだけど
最近トルシエが松田は呼ぶべきだとか言ってるのを見て
一発で許したw

これはもう今さらなんだけど、
どうにも諦めがつかないからしつこく言い続けるけど。
松田呼ぶべきだったんだよね。
mixiでも「日本代表に足りないのは松田直樹」
ってコミュに入ったさ。

で、オーストラリア戦だけど、
まんまと松田不在が響いたわけで。
これはもう誰が何と言おうとそうなのだ。
松田がいれば最悪同点までですんだはず。
こんだけ屈強な相手が揃ったグループに入ったのに
松田呼ばないってどういう事よ?

坪井にアクシデントがあって茂庭が入った。
もう一人アクシデントが発生したら誰が出るの?
というかそもそも宮本がダメだったら誰が出るんだ?

今さらそこを指摘してもダメなんだけど
僕はずっと松田呼べって言ってきたからあえて言う。
中盤は腐るほど選手がいるけど守備はもういないよ?

で、あんまり使ってきてないから当然だけど茂庭はあまり信用が無いらしく
スタメンがバテバテの中、途中出場なのに大黒とチェンジ。
そりゃないよ。

いや、負けたからって何でもかんでも叩くのは嫌なんだけど。
小野の起用とかは世間で言われる程悪くなかったと思うし。
ただ、大黒投入おせーよ!ってのと、
守備のごたごたの根本的な原因は松田呼ばなかった事にある!ってのは
言わずにはいられないので。

オーストラリア戦の感想は以上。
この記事へのコメント
ホントがっかりな結果だったね。
負けて当たり前の内容だった。
パワープレーにも全員引きすぎていいように
FWにボール入れられて・・・。あれじゃどうしよもない。

茂庭より松田、宮本よりトゥーリオの方がよかったと思う。
遠藤より阿部、中田浩二より松井・・・。
言ったらきりがないけど。

それよりもジーコを一次予選で解任しなかったキャプテン
が一番の戦犯だと思う。

クロアチア戦は絶対2点差以上で勝たなきゃなので
左に玉田、右に柳沢、真ん中に巻の3トップで
福西、ヒデ、俊輔のMFで
左から中田浩二、中沢、坪井、加地で
GKは楢崎でいってほしい。

絶対ないだろうけど・・・。
Posted by dain at 2006年06月15日 01:07
まあ今さらジーコ云々言ってもしょうがないんだけどね。
DFはホント足りてないので。
次4バックで行くなら尚更宮本→松田だと思うんだけど。

で、今後なんだけど点差まで考えるのは無理だと思う。
実は大会前に一番勝つのが難しいと思っていたのはクロアチア。
そこに勝つつもりでいくんだからブラジルにだって勝つつもりでいっていいはず。
中田も言ってたけど2勝目指すべきだと思う。

そんでもって3トップとかも微妙。
ほとんどやってないし能力的に上の中盤の選手を減らすのは
多分トータルでマイナスになる気が。

あとはGKはもう川口でいいような。
どっちが上とかじゃなくて初戦川口だったから。
で、僕の感想としては川口は完璧だった。
失点の場面も含めて。
だから変更しなくてもいいかなと。
ここで楢崎にいきなりいけというのも難しい気がするし。
Posted by ボボコフ at 2006年06月15日 13:53
こんにちは

ブラジル戦に宮本出れないというのはいたいですよね

こんな時に松田がいないというのは,もっといたい・・・

ホント,ボボコフさんが恐れてた事が起こっちゃいましたね

まぁあれこれ言ってもナニも始まらないけどw

ブラジル戦では当たって砕け散ろ!の気持ちでいってほしいですね
Posted by chikashi at 2006年06月19日 09:22
ブラジルが既に予選突破を決めてるので
気持ちに僅かでも隙ができる事を願いつつ
玉砕覚悟で突撃するしかないですよね。

勝つだけじゃなく2点差以上で勝たねばならないって
ハードル高すぎですよねw
Posted by ボボコフ at 2006年06月19日 15:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのTrackBack URL
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。