ボボコフのブックマーク → ブクマページ
2005年02月18日

悲しいニュース

ボール当たり小5死亡、加害児童の親に6千万円賠償命令
男児は02年4月、同町内の公園で遊んでいたところ、約20メートル離れた小学生が投げた軟式野球ボールが胸に当たって倒れた。町内の病院に運ばれたが約4時間後に死亡、死因は「急性循環器不全」と診断されていた。男児には心臓病の持病はなかった。
ボールを投げた子も死んでしまった子も、
とにかく可哀想だとしか言い様が無い。
しかし
田村幸一裁判官は、ボールが当たったことと死亡の因果関係を認め、小学生2人の両親に計約6070万円の損害賠償を命じた。
この判決はどうなの??

そもそも論点が
「男児の死因がボールによるものかどうか」
なのがよくわからない。

小学生2人がキャッチボールをしていた近くには遊具があり、数人の小学生が遊んでいたと指摘。「ボールがそれて他人に当たると、打撃部位によっては死亡させることは予見しえた」として、2人は危険な状況でのキャッチボールを避ける注意義務を怠ったと認定し、監督責任のある両親に賠償義務を認めた。
公園でキャッチボールなんてどこにでもある光景。
僕だってよくしていた。
状況によっては
誰かにボールが当たってしまう可能性は考えられるが、
その結果死んでしまうなんて夢にも思わない。

学校でも休み時間は普通にみんな好きな遊びをするし。
キャッチボールしてる横を誰かが走り回ってるなんて
ごく日常的な光景だと思うけどそれは全部
注意義務を怠っているという事?

「そうだ!」
というならそうですか、と言うしかないけれど。

よくわからないなぁ。。。
この記事へのコメント
こんなしょーもない判決が出たら、子供が好きに遊べんやないですか〜。

死んだ子は気の毒やけど、しゃーないでしょ。
過失かなぁ?ちゃうと思うんやけど・・・。
Posted by Doppio at 2005年02月18日 20:45
最近の公園ではキャッチボールや球技はやるな
って看板が立ってますよ。
今回の公園でももしかしたら、あったのかも
しれませんね。

死んだ子供の親としたら、何処かに怒り
(悲しみ?)をぶつけたいって気持ちもあるの
かもしれませんね。


この事件(事故?)なら加害者の更正を考えて
って事は納得出来るんだけど、人殺しの少年を
擁護するのはどうなんでしょう?
Posted by Q部 at 2005年02月19日 00:33
過失と言うのはどうかなって気がしますよね。

死んだ子供の親のやり場の無い気持ちもわかります。
でもボールを投げた子のショックも
大変なものだろうし、
その親も相手の親の気持ちを痛いほどわかっていても
控訴を考えなければならない。

僕はボールを投げた子が
「更正」する必要があるとは思わないです。

他人の胸に軽い衝撃を与える可能性なんて
何をやっててもあると思うので。
Posted by ボボコフ at 2005年02月19日 13:11
裁判である以上判決(変換一発目が「半ケツ」w)に問題はないとは思う。
ただ裁判を起こす方も起こす方。
こうやってドンドンと責任論が過剰にはびこっていき自由が無くなっていくかと思うと・・・。
ただ軟式ボールでキャッチボールをやってる方もやってる方で「どうよ?」とは思う。
電車内で周りを気にしない小僧も多いし、そういう意味では監督責任というか教育義務?はあるんじゃないかな〜。
Posted by 武紗獅 at 2005年02月19日 21:50
判決は問題ないですか。
そういうもんなんですかねぇ。

突然子供を無くした親の事を考えると、
裁判起こす事もあると思うんです。
Q部さんも仰ってるように。

それでも裁判の結果がきちんとしてれば
問題ないと思うんですけど。

たかがキャッチボールで
「打撃部位によっては死亡させることは予見しえた」
という事は、
キャッチボール自体命がけだって事になりますよね?
ドッジボールなんてロシアンルーレットですよ。
Posted by ボボコフ at 2005年02月19日 22:31
私が言いたかったのは、公園で球技が禁止されて
いた上での(あくまで仮定ですが)訴訟なので
あれば、訴えた親の心情は理解出来るって事です。

何でもかんでも訴えるのは、バカのやる事。


しかし、軟式のボールで人は死んでしまうで
しょうかねぇ。
結構硬いですかね、あれも。
Posted by Q部 at 2005年02月20日 02:17
軟球って、家で当たれば痛いですけど、外で当たっても痛くないレベルの硬さですねw
小学4年生の投げたボールですから、兄弟喧嘩よりもゆるいもんでしょう。

運悪く死んじゃったんでしょうね。
時々、ツッコミぐらいの衝撃でも心臓が止まることがあるそうです。

気の毒ですけど、訴えて何がしたかったのか。
怒りのやり場がないからカネ取ったろ、って感じですかねぇ。

それから、球技を禁止してない公園って結構少ないですよ。
ひっそりと「禁止」って書いてるところが多いかと。

判決は問題ないことはないでしょう。
だからこそ三審制なわけですし。
車で撥ね殺して10:0の過失でも6000万いかないこと多いですし、う〜んって感じですね。
専門家じゃないから詳しいことは分からんですが。

武紗獅さんの仰る、軟式ボールでキャッチボールやる子と電車で騒ぐガキは同列じゃないんじゃ?
Posted by Doppio at 2005年02月20日 16:23
訴えた事をどうこう言う気にはなれません。

突然子供が死んでしまったら、
冷静な判断なんて出来ないかもしれません。
僕だって何やらかすかわかりませんしw

たとえどんな理由で訴えようと、
そこで適切な判決が出れば問題無いわけです。

>時々、ツッコミぐらいの衝撃でも心臓が止まることがあるそうです。
そうなんです、そういう話じゃないですか、これも。
それで6000万なんて言ったら
怖くて他人と接触できないですよ。
Posted by ボボコフ at 2005年02月20日 18:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/2008480
キャッチボールを安心してできる環境整備を
Excerpt: Excite エキサイト : 社会ニュース キャッチボールをして遊ぶ というとき 周辺のヒトにぶつかった場合の危険予測責任がある とするこの判決ですが 骨折させるなどの危険の予測はできても ..
Weblog: (まめ)たぬきの雑記
Tracked: 2005-02-20 18:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。