ボボコフのブックマーク → ブクマページ
2006年08月08日 | 東京 ☔

亀田タイトル戦雑感

亀田興穀の試合、見逃したと思ったんだけど
TBSが試合前に引っ張りまくってくれたおかげで2Rから見れたw
ダウンは見逃したけど。

で、試合後からネットもTVも凄いバッシング。

あの試合の結果は確かにアレだと思ったし
今までの流れとかにも色々思うところはあるし
今回のは視聴率とか内容とか考えると
これだけ騒ぎが大きくなるのは仕方ないかなとも思うけど
なんかドサクサに紛れて余計な批判とか
筋違いなバッシングも沢山目に付いてちょっと気の毒。

この話題については書こうかどうしようか迷ってたんだけど
ところてんさんが僕と似たような感想を書かれていて
コメントしようと思ったら長くなったのでやっぱここに。

僕はあまり亀田興穀本人を責める気にはなれない。
必死こいてやってるのは間違いないし。
嫁さんとも前から話してたんだけど
親父があんななのにあの兄弟は素直ないい子達じゃないかw

突然の亀田本人への批判を見てるとホリエモンを思い出す。
そもそもそれが良くてメディアでもさんざん持ち上げてたんじゃないの?
って部分まで一斉に批判し始めて。

裏舞台で行われている事については
まあ昔から色々あるっぽいのはわかってるけど
今回結構あからさまだったし
色々言及されるべきだと思うけど。

僕が前々から嫌なのはあの親父の態度。
試合前、試合後、親父が率先して相手に罵声を浴びせるのは
流石に気分が悪い。
最低限、試合後は相手を称えるべきだろと。

亀田兄弟の根がいい奴っぽいからこそ、
親父はその辺のメリハリというかパフォーマンスや挑発する部分と
きっちりすべき部分はちゃんと手本になって示さないと。

「俺らのスタイルや!」の一点張りで聞く耳を持たない感じだけど
大事な息子がこれだけ批判される原因は
間違いなくあの親父本人が一番大きいと思うんだけどね。
この記事へのコメント
リンクをはっていただいたおかげで、この問題の大筋の世間の空気がわかりました、ありがとうございます。

亀田父がしゃべっているところは、トレーニング中のときのVTRでしか見たことなくて、戦前の記者会見がどんなんだったのかは知らなかったのですが、やくみつるやガッツとの対談を見ていると、なるほどここにも話がややこしくなる原因があるんだなと思いました。

あの子達は、「父親とはああいうものなのだ」と思っているのだろうから、父親の言うことに疑問を持たないのでしょうけど、けっこう自分に都合のいい考え方をゴリ押ししていますね。

子供の頃、ああいう性格のやつ(亀田親父)が学校や地域に何人かいましたけど、「コイツとは何を話しても無駄だな・・・」と接点を持たないようにしていたタイプだと直感的に思いました。

疑惑満載とは言え、「オヤジのボクシングが間違っていないことが証明できた」と涙ながらに喜んでいた亀田興穀の純粋な思いは、僕はかなり心を動かされましたけど、オヤジがああいうタイプだと知って余計感動しましたw。

あの日の試合の一連の流れを見て、亀田興の人間性に価値を感じてもいいはずなんですけど、安い茶番だの八百長だの言われると、あの試合で感じ取ることができた評価されて然るべき真実まで踏みにじられたみたいで、聞いていて気分はよくないですね。
Posted by ところてん at 2006年08月08日 22:14
>オヤジがああいうタイプだと知って余計感動しましたw。
笑。
何と純粋な子なのかとw
19歳ですよ。

だからこそ親父はもっと考えろよと。

>あの試合で感じ取ることができた評価されて然るべき真実まで踏みにじられたみたいで、聞いていて気分はよくないですね。
そうなんですよね。
僕もホントそう思います。
Posted by ボボコフ at 2006年08月09日 00:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/22081541
亀田疑惑判定
Excerpt: この試合に関してあまりにも世間の風当たりが強いので、ちょっと感想を。 僕も最終の3ラウンド目から見てましたけど、最初にダウンを食らったことを踏まえて完全に亀田の負けだと思ってみていて、12ラウンド目..
Weblog: 今日のカープは〜♪
Tracked: 2006-08-08 22:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。