ボボコフのブックマーク → ブクマページ
2006年08月22日 | 東京 ☁

高校野球で思う事

かなり盛り上がったっぽいこの夏の高校野球。
東京にいるから盛り上がったと感じるのかもしれないけど。

僕は昔から高校野球にあまり思い入れがなくて
高校バスケや高校サッカーと同程度の興味しかない。

なので周囲との温度差に毎度違和感を覚えるんだけど
今回のように盛り上がるとそれはより大きくなる。

優勝した高校は弟の母校。
どちらかと言えば周囲の人よりも
盛り上がる材料はあったはずなんだけど
まあ普通というかそんな感じだった。
面白い試合が多い大会だとは思ったけど。

もしかしたら、マスコミとかが作る
「高校野球・高校球児はこうあるべきだ!」
みたいなイメージがあまり好きじゃないからかもしれない。

そういう球児が嫌いなんじゃなくて
無理やりそれを作り上げたがるマスコミが嫌。

まあそれはいいとして。

高校野球を見てると投手の負担の大きさが毎度気になる。

とんでもルールと言われたWBCの投手の球数制限ルールみたいなのを
高校野球で採用したらいいんじゃない?なんてふと思った。

いい投手が一人いれば、ってのもなんかどうかと思うし
どうしてもそこに負担がかかりすぎるってのを
軽減できるのは間違いない。
より総合力や采配が問われるってのは
違った面白さがあるんじゃないかと。

すごい素質を持った選手に負荷をかけすぎて
潰れちゃったりするのは勿体無い。
大学で、社会人で、プロで、
より長く活躍して欲しいんだよね。

「178球を一人で投げきった」とか
「準々決勝から4日連続完投で、今大会7試合、
69イニングをほぼ1人で投げ切る」とか
これは凄い事なんだけど
あまり美化する方向の報道を見るのはいい気がしない。

日程の見直しも含めてもう少し何とかならんかねぇ?
タグ:高校野球
この記事へのコメント
こんにちは

全く同感ですね

15回まで投げて休息するヒマもなく、
翌日 それも一番暑いであろう13時台のスタート

もうちょい本人たちの事を考えてもらいたいもんですね
プロだって4連投しないでしょうし

しかし、これがきっかけで高校野球の日程が見直されればいいなと思いましたね
Posted by chikashi at 2006年08月22日 18:33
この辺の話は想像以上に難しい問題なので
ものすごい思案するところです。

昔、甲子園ではないですが
同じようなものを目指していた友達がいて
それはもう凄い情熱でした。

そうゆうのを見てると
体の事をあるんですが、心の事も考慮しないで
「その人のため」ってのは
かなり違和感に感じちゃうわけです。

具体的には…
高校野球で日程をあらためるために
甲子園以外のグラウンドで同時に開催という案が
時折見られるんですが、あまり賛成で無かったりしますし
悔いが残るようなルールも
わかるんですが素直に賛成できなかったりします。

なので、なるべく今の形を残しつつも
守ってあげられる方法を考えて欲しいんです。

例えばストライクゾーンを広くするとか
ナイターも導入して1日の試合数を増やし
試合間隔を取れるようにするとか
敬遠はソフトみたいに宣言にしちゃうとか

まあ、なんにせよ高校の大きな大会は
野球にしても、サッカーにしても、バレーにしても
とにかく各種運動系、文化系の祭典というか
人生の大きな区切りであり発表の場だと思います。

というか、高校生活自体がなんとなく区切りだったような…

それに生きがいを感じている人も多いでしょうし
過去の自分を投影してる人は多いと思います。

そこに温度差がありながらの提案は
なんとなくズレを感じてしまうんですけど…

私に思い入れがあり過ぎ?
Posted by ローゼンカバリー at 2006年08月22日 20:28
確かにそういう意見ももっともですな〜

しかしながら、高校野球は一回負けたら終わり。
(つまり、エースを酷使してしまう傾向になりがち)

選抜、夏の選手権を甲子園以外では考えられないこと。
(そこ以外を目指す歴史がないだけですが。。。)

甲子園で組む日程には制約があること。
(阪神さんがこの期間、いわゆる死のロード)

このような言い訳みたいな現実があるわけで・・・。

過去、高校球児だった私の意見としては
当時はやはり目の前の試合に夢中にでした。
あとさき考えてたら、あんな気持ちでは
試合には臨めなかったと思います。当然、練習にも。

ただ、上であげた中でも日程については阪神と高野連
との話合いでなんとかなる話なんで是非とも一度検討
してもらいたいものですね〜

(高野連は頭かたいからな〜。難しいかな・・・。)


Posted by kou at 2006年08月23日 00:37
■chikashiさん
もう少しなんとかして欲しいですよね。
球数も凄いですから。

■ローゼンカバリーさん
>そこに温度差がありながらの提案は
ここは指摘があるかも、と思ってました。
実際その通りかもしれないんですがもう少し詳しく書くと、
僕は中・高とバスケを必死こいてやりまして、
>それに生きがいを感じている人も多いでしょうし
これはものすごくわかります。
この点に関してはホント無茶苦茶やりましたから。

で、その上で僕はバスケもサッカーも同じように熱いものを感じながら見るし
野球だけに特別な感情がある(と感じる)世間とは何か違う気がするんです。
野球を冷めて見てるわけではないんです。

あと、僕は東京なんですが東京のチームを応援、、というのもよくわからなくて。
毎度自分の好みで多少応援するチームってのがあったりしますが
地元とか全然関係ないです。
その点も周囲とはズレを感じますね。
多分母校が出てもそれ程思い入れはないです。
というか僕自身そもそも母校に思い入れがない。

こんな感じです。

■kouさん
>選抜、夏の選手権を甲子園以外では考えられないこと。

>あとさき考えてたら、あんな気持ちでは
>・試合には臨めなかったと思います。当然、練習にも。
ですよね。
それは当然だと思います。

だからこそ、ルールや日程の方を見直す必要があるんじゃないかと。


続きは長くなるからもう一度別記事に書きます。
Posted by ボボコフ at 2006年08月23日 09:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのTrackBack URL
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。