ボボコフのブックマーク → ブクマページ
2006年08月23日 | 東京 🌁

高校野球で思う事その2

昨日高校野球で思う事ってエントリを書いたんだけど
いくつかコメントをもらって
もう少し書きたくなったので。

本気で高校スポーツをやってる選手達は
当然「その時」に全てを懸けているわけで
kouさんのコメントにもあったように
後先なんて考えずとにかく夢中で取り組む。

当然監督はそんな選手達を
何としても勝たせてやろうとする。

一部の選手に大きな負担がかかろうが
勝利の確率が一番高そうな、
選手達が一番納得できそうな
そんな戦い方を選ぶのが普通だ。

それは当然だし
だからこそやる側も見る側も夢中になる。

しかし負荷がかかりすぎるという問題は確実にあって、
一級の素材がプロ入り後にそれに苦しむ事は多々ある。

じゃあどうすればいいかというと
やはりルールや日程を見直すしかない。
難しい話なのはもちろんわかっているけど。

で、日程についてはkouさんのコメントにあるように
「阪神と高野連との話合いでなんとか〜」
というのもあるし、ローゼンカバリーさんのコメントのように
「ナイターも導入して1日の試合数を増やす」
のもありかもしれない。
もっと議論されていいと思う。

ルール面でもローゼンカバリーさんが
「ストライクゾーンを広くする」
「敬遠はソフトみたいに宣言にしちゃう」
なんて提案されてるように
考える余地はあると思う。

僕は今大会やたらボールが飛ぶと感じたんだけど、
ボールとかバットも見直す材料にはなるかもしれない。

アメリカはより面白くする為、TVの為、金の為、
様々な理由でスポーツのルールをちょくちょく変える。
中にはそりゃないだろってのもあるけど
この臨機応変さには見習うべき部分もあると思う。

ここからは具体的な僕の考え方の話。

ルールで投手の負担を減らすには
ストライクゾーンやボールやバットを見直して
投手有利にするという方法が効果的かもしれない。

けれど僕はそれをやりすぎると
一人の好投手がいれば・・というのがより顕著になるので
あまりやって欲しくない。
これは選手の負担が大きいって問題とは別の
僕の好み?を一緒にしちゃってるんだけど。

そこで球数制限を設けるという提案。

例えば100球までとか。
例えば120球以上投げたら連投はダメとか。

今までなかったルールを作るわけだから
最初は以前との比較で色々異論がでるかもしれないが
それが当たり前だと思えばどうって事ないような。
そういうルールなんだから選手も納得してできるのでは?

具体的に制限をどの程度にするかにもよるけど
一人にかかる負荷は軽減できるし
二番手三番手の重要度は増すし
選手の使い方、攻略の仕方も変化すると思う。
それも含めてなかなか面白そうだという気がするんだけど。

これに関して僕がイメージするデメリットって一つしかなくて、
有力校が今まで以上に有力な投手をかき集めるかも?って事。

最初の記事で球数制限への言及がなかったので
問題外って事なのかもしれないんだけど
その辺りも含めて色々意見を聞いてみたいなぁ。

というわけで何か意見があればよろしくお願いします。

<追記>
早実の斎藤はなぜ4連投しなければならないのか。(見物人の論理)
だが、延長15回まで進んだ試合を、なぜ振りだしに戻して9イニングもやり直さなければならないのだろうか。別の日に延長16回から続ければよいではないか。
この辺りはすぐ採用しても問題なさげ。

早実の齋藤はなぜ4連投しなければならないのか。/駒大苫小牧の敗因(琥珀色の戯言)
しかし、この「夏の高校野球」という「文化」って、実際のところ、観客や報道するメディアにとっても、甲子園への思い入れというのは、「酷暑の甲子園で連戦に疲労困憊しながら戦い抜く選手たち」という「ドラマ性」に支えられている面がけっこう大きいような気がするのです。「齋藤君、4連投なんてかわいそう…」と言いつつも、その「酷使に耐えて投げぬくエース」というイメージこそが、高校野球を聖なるものにしているのです。
僕が前の記事で
マスコミが作るイメージが嫌だ
と書いたのはまさにこれ。
周囲と一番大きなギャップを感じるもの多分ここ。
タグ:高校野球
この記事へのコメント
>これに関して僕がイメージするデメリットって一つしかなくて

球数制限ですか〜
わかるんですけどWBCでも
そのルールが一番納得いかなかったというか
ゲームをつまんなくするルールだったと思ってます。

見ていてつまんないってことは
やってる人にとっても同様だと思うんです。
だから、球数制限のデメリットを挙げるとすると
野球自体が壊れることです。

あんまり野球そのものを壊さないように
周りからルールを使った方が良いような気はします。

例えば
阪神の試合を普通にやっちゃうとか…
そうすれば必然的に休みができるわけですし
まあ、極端な話なんで雨とか試合延長とかで無理が出たり
そのせいで行ったり来たりで
学校の負担が大きくなるってのがあると思うので
現実的な話じゃないでしょうが
前期後期に分けるくらいならありかもしれないです。

DHの採用。

7回10点差コールド。

専属トレーナーのベンチ入り可。
もしくは高野連で用意。
Posted by ローゼンカバリー at 2006年08月23日 11:15
違う話を思い出したので追加

ちなみに今回は金曜まで高野連が甲子園を押さえてました。
天気の状況にもよりますが
今回は別に翌日じゃなくても良かったわけです。

まあ、翌日再試合ってのがルールなんでしょうけど…
Posted by ローゼンカバリー at 2006年08月23日 11:21
>ゲームをつまんなくするルールだったと思ってます。
僕もWBCではそう思いました。
でも高校野球とWBCは違うし制限の設け方にもよるかと。
WBCは制限自体の是非もありましたが
制限の設け方に一番の問題があったように思います。

>野球自体が壊れることです。
制限をつける=壊れる
と思われるなら仕方ないですが
制限のつけかた次第では・・という可能性はありませんか?

>阪神の試合を普通にやっちゃうとか…
日程の方で折り合いがつくのが一番ですけどね。
ただ極端な話一試合で200球とかもありえるわけで
それもどうかとは思います。
連投連投じゃなければ遥かにマシですけどね。

>翌日再試合
これは真っ先に改善できそうな個所ですよね。
Posted by ボボコフ at 2006年08月23日 11:51
>ただ極端な話一試合で200球とかもありえるわけで
これを減らすために
ストライクゾーンと道具を見直して欲しいわけです。

なるべく野球自体に手をつけなくていいように変更できるなら
それがベスト。

できないなら、変更もやむなしですが
なんの提案も無しで
いきなりのルールの根幹にかかわる球数制限は
やることをやってないだけに
見る側やる側共に疑問は残ると思います。

まず、なにか良い方法を考えてみませんか?
Posted by ローゼンカバリー at 2006年08月23日 12:02
>まず、なにか良い方法を考えてみませんか?
僕の案もその中の一部のつもりです。

負担減に関しては日程とストライクゾーンと道具の見直し
ってのがベストな気はします。
今大会見てもちょっと打高投低よりのバランスになってますしね。

僕は負担減と同時に「良い投手の存在の影響が大きすぎる」という部分に対する個人的な疑問への解決策も同時に考えてしまっているのが話をややこしくしてますね。
別々に語るべきだったかもしれません。

でも考えようによってはゾーンや道具の変化の方が
野球が変わる可能性もありますよね。
そういう面でもやっぱり難しい問題です。
Posted by ボボコフ at 2006年08月23日 13:16
ん〜
お二人とも実によく考えてらっしゃいますね!
野球人としては考えさせられます。。。

 ボボコフさんのコメント
>アメリカはより面白くする為、TVの為、金の為、
 様々な理由でスポーツのルールをちょくちょく変える。

ここがスポーツにおいて最も重要だと思います。
つまりはメジャースポーツである以上避けられない
利権の的となってしまうということです。

高校野球を取り巻く構図としては
まず高野連という団体。
それを取り巻くマスコミ。
(→春は毎日新聞社、夏は朝日新聞社、あとNHK他TV局)
出場校
選手

この中で渦巻く流れ

高野連は金が欲しい。
(マスコミからがっぽりと)
マスコミは発行部数もしくは宣伝効果、視聴率が欲しい。
(法人ですから)
出場校は知名度をあげたい。
(学校は選手を集め、監督にプレッシャーを)
選手は踊らされる。
(でもその必死さに胸打たれる)
冷静な視点で考えればこんな感じかと。。。

>その「酷使に耐えて投げぬくエース」という
 イメージこそが、高校野球を聖なるものにし
 ているのです。

つまりはそこには大人たちの演出が加わってるんです。
いかにも日本人的な趣味趣向に沿った演出なわけです。
悲劇、逆境に負けないひたむきな姿勢っていう。

 ローゼンカバリーさんのコメント
>ゲームをつまんなくするルールだったと思ってます。

ルールしかりですが、総合的に観ていてつまらないものを
人は観ません。
今のプロ野球(つまり某G球団)が不人気なのは観ていて
つまらないからに他ならないからで。。。

メジャースポーツであるためにはエンターテインメントで
なければならず、その為には個の将来など知らぬ存ぜぬが
まかりとおってしまっているのが現実なんだと思う。

野球界の発展とは何なのか?
アマチュア球界とプロ球界の今後のあり方とは?

かなり話が飛躍しちゃいましたが、世間一般で
ここでされているような論議がまき起こっていって
くれれば、何かが変わっていってくれるのでは
ないかと思います!

長々、失礼しました。





 

Posted by kou at 2006年08月23日 23:57
>つまりはそこには大人たちの演出が加わってるんです。
>いかにも日本人的な趣味趣向に沿った演出なわけです。
>悲劇、逆境に負けないひたむきな姿勢っていう。
ですね。
僕はその演出がすごく邪魔なんですよ。
そんなものない方が断然面白い。
何もしなくても十分伝わるのに。

>世間一般でここでされているような論議がまき起こっていってくれれば、
僕はただちょっとした案を書いただけですが、
そこに高校野球ファンのローゼンカバリーさんや
元高校球児のkouさんが意見を書いてくれたおかげで
面白い話ができました。

これがもっとあちこちで議論されれば
それだけ色々な案もでるだろうし
試行錯誤の中で「ベスト」はわからなくても
「今より良さそうな何か」は見つけていけるんじゃないかと思います。

プロ野球のプレーオフの問題にしても
その「より良い何か」を模索する姿勢が
各団体のお偉いさん達に著しく不足してるのが一番の問題で
ここを動かすのがとにかく大変なんですよねぇ。
Posted by ボボコフ at 2006年08月24日 02:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのTrackBack URL
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。