ボボコフのブックマーク → ブクマページ
2007年02月19日 | 東京 ☀

ゲームキューブの良作7本

需要があったので独断と偏見でリストアップ。

ゲームキューブのソフトはWiiでも動作するので、
Wiiでゲーム始めた人とかにも参考になれば。

と思ったけどゲーマー向けかも。

・BioHazard4
BioHazard4
GCで一番おすすめのソフト。
それまでのシリーズとはシステムを大きく変更し、
主人公の斜め後方からの視点に。
これがナイスで、全体的に非常に良くできていて面白い。
グラフィックもきれい。
でもグロいので注意。
あと難易度は高め?なのかも。


・ピクミン・ピクミン2
ピクミンピクミン2
GCの代表的な作品。
GCを持っているならとりあえずやってみるべし。
僕自身は大好きな作品なんだけど、
どうも好き嫌いが分かれる傾向があるっぽい。
1はゲーム内の30日で強制的に終了→エンディング。
途中で無理そうでも最後まで遊ぶべし。
2は意外と知られてないけど対戦がかなり熱い。


・ガチャフォース
ガチャフォース
一部ネット上で滅茶苦茶盛り上がって神ゲーに認定されてる作品。
しかし全体としては全然売れなかった。
もの凄く簡単に言うとロボット同士の格闘ゲーム。
ポイントはロボットの種類が膨大で
それぞれにかなり強烈な個性がある事。
これにより人によって戦い方に大きな違いが出る。
あと収集の面白さとかそんな感じ。
ギャバンっぽいのとか登場。


・機動戦士ガンダム 戦士達の軌跡
機動戦士ガンダム 戦士達の軌跡
ガンダムが好きなら絶対プレイすべし。
挙動が適度にもっさりしていて
ガンダムとしてリアルっぽい感じ。
僕の中では最高のガンダムゲー。
難易度は高めっぽい。


・わいわいゴルフ
わいわいゴルフ
みんゴル2のスタッフが作ったゴルフゲーム。
特徴は、今やゴルフゲームの定番の
チャー・シュー・メンのタイミングでのショットではなく
Cスティックでショットする事。
Cスティックを下から上に入力する事でスイング。
これがブレるとショットもブレる。
プレッシャーがかかると指先が震えるw
これが意外とリアリティーがあって面白い。


・エターナルダークネス
エターナルダークネス
海外製作のアドベンチャー。
全体的に洋ゲーテイスト全開なので不親切な感じ。
グラフィックはショボいんだけど、
動きのせいなのか妙にリアリティーはある。
このゲームはなんと言ってもサニティシステムという
超ぶっ飛んだシステムが特徴。
これは実際体験しないと勿体無いのであまり詳しくは書かないが
幻聴や幻覚を「プレイヤーが」見るシステム。
主人公が、じゃなくてプレイヤーが。
度肝を抜かる。
笑えるものからガクブルするものまで。
敢えて幻覚を沢山見るように状態でプレイするのがオススメ。
あとストーリーが壮大。
途中までわけわからん。


・斑鳩
斑鳩 IKARUGA (GameCube)
絶滅寸前の2D縦シューティングの大名作。
システムが斬新で、これまた簡単に説明すると
白い敵と黒い敵、白い弾と黒い弾が存在。
そして自機も白と黒の2つの属性を
好きなタイミングで入れ替える事ができる。
で、同じ属性の弾は吸収できる(反対は当然回避する)。
また、違う属性の敵にはダメージ2倍。
これだけでこんな革新的なゲームになるとはと感動した。
ただジャンルがジャンルだしかなり人を選ぶと思う。


・ウェーブレース
ウェーブレース ブルーストーム
64でも人気だったジェットスキーのレースゲー。
普通のレースゲーと違って波の上を走るので、
その時々に臨機応変な走りが要求されるのが特徴。
天候の変化で同じコースも全く別物に。
水や風景のきれいさもあって走るだけで爽快。
挙動にくせがあるので慣れるまで苦労するのが難点。

勢いあまって8本挙げてたw
そもそも7本ってのにも意味は無いけど。


以下、ここにもれたものと
僕がプレイしてないけど評判良さげなもの。

メトロイドプライム
メトロイドプライム2 ダークエコーズ
2は未プレイ。1も途中まで。
理由はプレイする時間が無かったからで、
途中まで遊んだ印象ではとても面白い。
難易度高め。

ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル
一人プレイは微妙なんだけど何人かでプレイすると
かなり面白い。
けれど複数人プレイするには
人数分のケーブルとGBAも必要とする為やたら敷居が高い。

ゼルダの伝説 風のタクト
64のゼルダ2作が僕にとってのベストゲームなんだけど、
その続編として登場したのがこれ。
何故上に挙げなかったかというと最後までプレイしてないから。
時間が無くて。
3分の2はプレイしたと思うんだけどそこまではかなり良かった。
ただその後に、
多くの人が「めんどくさい」と評価したイベントがあるらしく、
それを含めた評価ができないのでここまで。

バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海
バテン・カイトスII 始まりの翼と神々の嗣子
いわゆる「大作RPG」。
グラフィックはきれい。
ストーリーが面白いらしい。
戦闘システムはカードバトル風でなかなか良いらしい。
僕は未プレイ。

Killer7
世界観・グラフィック共に尖っていて
GCソフトの中でもかなり異色のソフト。
残虐表現のため18禁。
そして僕は未プレイ。
ただ、時間があれば今からでも買ってプレイするつもり。

ちびロボ!
これも未プレイながらかなり評判が良かったので一応。
スキップの前作ギフトピアもなかなか味のある作品だったので
多分本当に面白いんだろうと思う。


とりあえず以上。
未プレイ多いなぁw

あと地雷というか買わないほうが良いと思うのは
スターフォックスアドベンチャーとキャプテン翼。
この記事へのコメント
お世辞抜きに参考になります・・・が
これを見てからオークションに参加すればよかったと
後悔もしましたw。
ピクミン付きとか出てましたから。

ガンダムとバテンカイトスが面白そうですね。
ガンダムはプレステ1のニューガンダムのゲームを
大学時に買ってやった記憶がありますけど、
あれに似ていそうで面白そうに感じました。

エターナルダークネスは値段が値段なので
面白かったらもうけものくらいで楽しみです。
ただプレステのサイレンを買って30分やっただけで
その後放置してあるので、面白くなるまで耐えられるかも
問題ですけどね。
Posted by ところてん at 2007年02月19日 21:49
ピクミンもそうですが、ここに挙げたもののいくつかは数百円から買えたりもすると思いますので安いのを見つけたらやってみてください。

ガンダムは「ガンダムとして」とてもリアルで、ガンダムが好きな人ほど楽しめるかと。
ただ敵を倒せば良いのではなく、全体の戦況を把握しつつ味方に指示を出したり危ない場所の援護に向かったりする必要があります。
かなりやり応えはありますよ。

>エターナルダークネスは値段が値段なので
多分かなり安くなってますよねw
実際その程度の気持ちでプレイした方がいいと思います。
でもサニティシステムはホント必見ですよ。
体験しないと何を言ってるのかわからないと思いますが、
「プレイヤーそのものに揺さぶりをかけるシステム」はちょっと前代未聞ですから。
Posted by ボボコフ at 2007年02月20日 11:02
「斑鳩」はプログレッシブモードでのプレイが必須なので
(必須というか通常モードだと、価値が半分くらいに…)
条件は多少キビシイですが、いいSTGですよね。

「バテン」は未プレイですか?
2は全体的によくできてますよ。
1は…
話、戦闘、移動と激しい忍耐を必要とする
現代のFC「真田十勇士」ってところでしょうかw

あと個人的にオススメは「ルーン2」
ちなみに1は、忍耐を…w
Posted by ローゼンカバリー at 2007年02月20日 11:45
斑鳩いいですよね。

バテンは1を5分プレイしたっきりです。
まだ面白いも面白くないもわからない段階で止まりましたw

ルーンも1を3〜5時間ほどはプレイしたと思いますが
忍耐が足りなかったようですw
Posted by ボボコフ at 2007年02月20日 12:00
もしもキラー7を買ったなら、必ず最後まで遊んで下さい。
途中で辞めると、ドクソゲーと化します・・・
Posted by 裏ミッキー at 2007年02月20日 15:10
キラー7プレイ済ですか!
最後までやると良い感じですか?

早くやりたいんですけどね、ゼルダも全然進んでないので
当分先になるかもしれません。
でも買います!
そしたら途中で止めないように頑張ります。
Posted by ボボコフ at 2007年02月20日 15:54
経過報告みたいになりますけど、エターナルダークネスはかなり面白いです。

グラフィックとか元々興味がないですから、内容が全てなんですけど、十代の頃はじめてバイオハザードやったとき以来に、こういう系統のゲームで面白いと感じました。

といっても8章くらいまでやった段階で、クリアするのはまだ時間がかかりそうですが。

他にもメトロイドとか買いたいゲームはありますが、最初にまとめて買った5本でゲーム機に入れたこともないのが3本もあるので、当分ゲームは買わないですけど、また後々参考にさせてもらいます。

衝動買いをはじめると自分でもアホちゃうかと思うくらい金を使うことがあるので。
大学時代、クソビンボーだったくせに月に数万円づつは服買ったりしてて、調子に乗ると後々このときと同じことを思いそうなので。
Posted by ところてん at 2007年03月05日 21:33
実はかなり気になっていたんですが、とりあえず面白いと言っていただけて良かったです。
もう8章なんですね、早いような。
既に結構色々な幻覚見ました??
製作者アホだろというようなのが色々仕込んでありますよw

ゲームは溜め込むとかえってモチベーションが下がったりするので
あるものを消化していくってのが一番だと思いますw

この記事を書いたのはところてんさんがきっかけではありますが、好きで書いてるので律儀にあれこれ手を出さなくていいですからね。
既に1本面白いと言っていただけただけで十分ですから。
Posted by ボボコフ at 2007年03月06日 02:53
忘れた頃にレスつけるのもどうかと思いましたが、
一応エターナルダークネスはクリアしました。

サニティシステムは全部じゃないですがけっこうみました。
隣の部屋に行ったら異次元みたいな感じとか、テレビの
ボリュームを落としている画面になったりとか。

上から血が降ってくるヤツがかなり恐かったですね。

ただ、一番ショックを受けたのは入力もしてないのに
キャラが右に勝手に歩き出したので、これもあのシステム
かと思っていたら、コントローラーが壊れていただけで、
リアルにショックを受けました。

メトロイドとかバテンカイトスとかは、世間のWii熱
が一段落してから買うつもりです。
Posted by ところてん at 2007年03月21日 21:59
おお、クリアしましたか。

サニティはとにかく斬新で衝撃的でした。
直接プレイヤーに「えっ?!」って思わせるシステムは珍しく、
反則っぽいですがゲームの新たな可能性を見たと思いましたし。

>コントローラーが壊れていただけで、
紛らわしいw

僕は一度も壊れた事がないのですが、
使い方によっては割とすぐにスティックがいかれるらしいです。
中古だと前の人の使い方でかなり傷んでる事もあるでしょうね。

また何かプレイされたら気軽に書き込みして下さい。
Posted by ボボコフ at 2007年03月22日 13:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのTrackBack URL
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。