ボボコフのブックマーク → ブクマページ
2007年04月17日 | 東京 ☔

あの映画のココがわからない

以前も書いたが、僕は映画というものは基本的に何を見てもそれなりに面白いと感じる。

問答無用で「これはつまらん!」と思ったのは、
たぶん「千と千尋の神隠し (通常版)」と
クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ栄光のヤキニクロード」だけ。

で、あの映画のココがわからない まとめサイトというのを見つけたので
僕が千と千尋を楽しめなかった一番の原因が解決するかもと期待して
早速見てみた。

解決しなかった。

僕の疑問というのは、
最初に両親が娘そっちのけでいきなり肉をがっつき始めた事。
意味が全然わからない。
で、そのまま全てわけがわからないまま、
????と思ってるうちに終了。

他にも色々疑問があったけど
そもそもわからないのだから後は全部わからない。

誰かわかる人教えて下さい。


あと、映画好きの友人から、
僕がほとんどの映画を面白いと言うのは
本当につまらない映画を知らないからだ、との指摘を受けた。

というわけで、文句無しにつまらない映画情報も募集。
教えてもらっても見れる時まず無いけど。
TVでやってたら優先的にチェックしようかと。
なのでできれば有名どころで。

ちなみに今のところ
トータル・リコール」「CASSHERN
辺りが挙がっとりますw
by ボボコフ | Comment(12) | TrackBack(0) | 雑記:変 | edit
この記事へのコメント
96年公開、ロバート・レッドフォードの
『アンカーウーマン』はつまらなかったです。
私の映画鑑賞歴はたいしたものじゃありませんが、
そのなかでもずばぬけてつまらないと思います。
ハウス名作劇場は面白かったですけど、宮崎アニメは
あんまし評価してない私・・・。
Posted by Masaki at 2007年04月17日 17:51
『千と千尋の神隠し』おもしろいじゃん!
(↑人の価値観だから、別にいいけど。。。)
ってことで、その疑問に個人的回答。

両親がおかしくなったのは、
千尋を放ったままガッツイテルときではないってこと。
3人の乗った車があのトンネルについた時点でおかしかったわけで、
最後のシーンあたりで出てきた風景が、実際の風景でしょ??

つまり、ボボコフさんが「分からない」と感じるのが遅かった!(^-^)b

でもって、つまないオススメの映画は…
『CUBE IQハザード』
→CUBEとは一切関係ない
『ブレアウィッチプロジェクト』
→おもしろいといえばおもしろいけど、全然スッキリしない

あら、長く書きすぎた…。σ(^-^;
Posted by やまっ at 2007年04月17日 19:27
■Masakiさん
アンカーウーマンはダメですか。
要チェックリストに入れときます。
情報どうもです。

>宮崎アニメ
僕はまだ千と千尋、ラピュタの2作しか見てないのですが、
とりあえず宮崎駿という人は好きじゃないです。

■やまっさん
>3人の乗った車があのトンネルについた時点でおかしかったわけで
それは何故?
というわけで疑問はあまり変わらず。
ファンタジーだから、と思うしかないのかな?

>『ブレアウィッチプロジェクト』
これは怖そうだからパスw
Posted by ボボコフ at 2007年04月18日 16:21
「CASSHERN」は言われるほど悪くは無かった気はします。
おもしろかったとは言えないですけどw

まず、絶対的につまらない映画

「仄暗い水の底から」はつまんなかったです。
意味わかんないし、怖くも無い。
ハリウッドからオファーがあるって聞いたときは
「なんで?」って感じでした。

「めぞん一刻」の実写版も逆オススメです。
テレビで途中から見たんですが
最初、何の映画か全然わかりませんでした。
新聞見て「めぞん一刻」だってわかったんですが
それでもわかんなかった…

「大怪獣東京に現る」も酷い。
怪獣が出ない怪獣映画で有名な作品。
お金が無いから出してないというよりは
怪獣を出さない怪獣映画を作ってみようという
アンチテーゼ的な作品じゃないかと思うんですが
そうゆう感じがあざとくてイラッとする内容。

「最終兵器彼女」は
私が北海道人だから方言が許せないというのを
差し引いても、酷い。
原作を知らないなら意味わかんないし
知ってるなら知ってるで酷い。
それほど好きな漫画ではないけど、原作者に同情しました。

次に相対的につまらない映画

「ふしぎの海のナディア 劇場版」
変な総集編といろんな意味でブサイクなその後。

「天地無用 in LOVE 2」
「天地無用」である必要があったのか?
ドタバタ感のない「天地無用」なんて意味が無い。

「パトレイバー 劇場版3」
同上。

最後に
見ては無いけど「立喰師列伝」も凄いらしい。
Posted by ローゼンカバリー at 2007年04月18日 16:42
ジャッキー・チェンが主演しているシティー・ハンターという映画はつまらないです。

 映画館で映画を鑑賞中に、「こりゃマズイだろー。。。」という館内の空気を感じたのは、あの作品以外記憶にありません。

 面白くないを通り越して、この作品に関わる全ての人達の今後の活動に支障をきたしはしないのかと心配になる程の内容でした。
Posted by おさる at 2007年04月19日 14:55
■ローゼンカバリーさん
色々挙げてもらってありがとうございます。
>「仄暗い水の底から」
怖くないと言われてもこれ系はパスですw

>「大怪獣東京に現る」も酷い。
これは時々挙がりますね。
いつか見てみようと思います。

■おさるさん
あれってつまらないんだ、知らなかった。
これも要チェックリストに。

こうして挙げてもらうとどれも見てないので
やっぱりつまらない映画を見てないんだなぁと実感。
Posted by ボボコフ at 2007年04月20日 10:19
お勧めのクダラナイ映画は
「イン・アンド・アウト」です。
ちょっとした誤解から、ホモセクシャルと勘違いされ、誤解を解こうと奮闘するはなしで、予告編が面白そうで実際見てみたんですが・・・

お勧めです!(待t
Posted by 裏みっきぃ at 2007年04月20日 14:24
■裏みっきぃさん
お勧めありがとうございますw
チェックリストに入れときます。

結構ありますねぇ。
皆全然被らないのが面白いなぁ。
Posted by ボボコフ at 2007年04月27日 19:12
映画好きの友人ですが。呼んだ?

「千と千尋」の導入部は、子供の見る悪夢の表現だと思うのだよ。
両親が豚になってしまってから先は夢の世界を千尋は生きることになる。
夢の世界では、夢じゃない世界で通用していたものが通用しなくなったり、存在が変化したりする。千尋の名前は千になる、とか。

「不思議の国のアリス」でウサギはなぜ急いでるのだとか、「銀河鉄道の夜」でなぜ列車に乗るのか、という疑問と似たものがあると思うのだった。君の疑問は。そこは理詰めで考えるところではない!といふのが俺の意見。

逆に理詰めで考えると面白くなくなるというか・・・「幼年期特有の、両親からの遺棄恐怖に基づくコミュニケーション不全なんとか」みたいな言葉?心理学っていうか?で解釈してしまうのは不毛だし。

子供の心に戻ってあれこれ想像するのは良いかもしれぬ。
あのトンネルの力で人やものの本当の姿が現れ、両親の中の貪欲さが彼らを豚にしてしまったのかもしれない。
まあつまらないならつまらないで、別にいいんですけど笑
Posted by Kとかいう人 at 2007年04月30日 11:07
>「千と千尋」の導入部は、子供の見る悪夢の表現だと思うのだよ。
全部夢でしたという事でOK?
そういう事がいいたいわけじゃないのはわかってるけど。

>あのトンネルの力で人やものの本当の姿が現れ、両親の中の貪欲さが彼らを豚にしてしまったのかもしれない。
あ、これが一番納得いくかも。
Posted by ボボコフ at 2007年05月01日 09:42
クン・パオ
http://www.foxjapan.com/movies/kungpow/

これはつまらないですよ。
最後まで見るのが苦痛になる映画です。

面白いのは、上記サイトの予告編の箇所ぐらいです。
Posted by まるお at 2007年05月02日 01:55
■まるおさん
どうもです。

ダメ映画さらに追加ですね。
確かに予告編は面白そうに見えますがw

見る機会あるかな。。。
Posted by ボボコフ at 2007年05月02日 10:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/39012215
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。