ボボコフのブックマーク → ブクマページ
2005年05月30日

広島−西武最終戦感想

今季初(恐らく最後)の生観戦に行ってきた。
インボイスSEIBUドーム。

やっぱ球場はいいね。
早く嫁さんと息子を連れて行けるようになると
いいのだが。

試合前、なにやらチビッコ達が
ベースランニングなんかをしてたのだが
そこに金髪の大男が乱入。

bale.jpg
ベイルだった。
子供達とじゃれ合うナイスガイぶりを発揮していた。

この時点では
「後で本職の方でもいい仕事期待してるぞ!」
と思っていたのだが。

あ、それから観戦しつつ
ブログ更新にチャレンジしたのだが
流石にあの距離だと
携帯では綺麗な写真が撮れんし
当然写真を撮ろうとしてる間に
状況は進んでいってしまうわけで
上手くいかんかった。

前フリ長くなったが試合の話。

○スタメンについて
・一番森笠はナイス。結果出なかったけど。

・スタメン遊撃手に木村拓はデンジャラスでしょ。
 試合前から危険な香りがプンプンしていた。

・先発が初登板のルーキー森だからなのか、
 打撃力重視っぽいオーダーだった。
 浅井・新井スタメン。

○試合内容
・森笠、ラロッカ、前田、緒方が
 揃ってノーヒットとは思わなかった。

・打撃の人のはず?の新井が
 守備の人になっていたw
 2度のダイビングキャッチは素晴らしかった。

・木村拓は予想通りやらかしまくり。
 新井と交錯、なんでもないゴロを後逸、
 普通に余裕な感じで捌いたショートゴロが
 一塁セーフ。

・森は素晴らしいピッチング。
 ボール球は多かったが四球なし。
 入れるべき時に入れてくれる投手は貴重だw

・森の1失点の元になったランナーは
 嶋が打球の目測を誤り
 三塁打を与えてしまった事によるもの。
 最初から落下点に向かえばライトフライ。

・さらにそのランナーが帰ってしまった場面、
 緒方が万全の状態なら恐らく取れた打球だった。
 あらためてDHの使い方に疑問。

・西武ベンチの動きすぎに助けられた面も多々。

・山崎の守備だけは安心して見てられた。
 背面キャッチにはビビった。
 プロの守備を見た気がしたw

○采配
・珍しく積極的に動く浩二だった。
 が、予め決めていたような采配ばかり。
 (森を5回でスパッと交代、
 木村拓→山崎など)
 しかしその辺は悪くなかった。

・8回のチャンス、ノーアウト2、3塁、
 1アウト1、3塁、共にスクイズ無し。
 どっちかで一度はやって欲しかった。

・10回裏、
 カープは次の回に二番から攻撃が始まる事もあり
 絶対に抑えたい場面、
 ベイル投入を望んだのだが当然のように横竜続投。

○その他
・カープの守備の間、DHの前田が
 ブルペンで体を動かす場面を確認。
 「守備をせんと調子が出んのじゃ」
 という心の声が聞こえたw

こんな感じだった。
打てなかったけど勝つチャンスは十分あった。
またしてもどこで勝負に行くのか
指揮官の意図が見えない展開にヤキモキ。
勝負師と書いたが本当の勝負所ではまたも何もせず。
スッキリしない戦いが続く。。。

生でサヨナラ負けを見るのは2度目。
観戦に行く回数から考えると結構な高確率だ。
まいったな。。。


この記事へのコメント
私も球場に行くと9割負けます・・・(-_-;)
勢い勇んで応援に行くと”またか”なんて肩を落として帰ることも・・・。

ホント、まいりますね。。。
Posted by sayasa at 2005年05月30日 20:14
9割!
もう行っちゃ駄目です!

嘘です。

でもホント困るんですよね。

一番良いのは行きつづける事なんでしょうけど
なかなか行けないですからねぇ。。
Posted by ボボコフ at 2005年05月31日 11:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのTrackBack URL
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。