ボボコフのブックマーク → ブクマページ
2007年06月18日 | 東京 ☀

ごっこ遊び

息子はマネが得意。

どこの子供も同じかもしれないが、
随分前から見たものをあれこれマネしていた。

嫁さんのマネとか。

最近は先日書いた通りウルトラマンに夢中なので
当然ウルトラマンや仮面ライダーのヒーローごっこに夢中。

このなりきりっぷりもなかなか凄いんだけど
それはまあおいといて。

そんな事をしているうちに、
見たものにすぐになりきる癖がついた。

TVの象の映像を見たら
「ぼくはぞうなの」

外で犬を見つけたら
「ぼくはいぬなの。ワンワン!」

こんな調子でアリだとかペンギンだとか。。
さらにはみかんだとかバナナだとか。。

しかもそれぞれ本格的。
犬だと言い出すと息子を呼んでも
「ぼくはいぬだよ?」
と相手をしてくれない。

さらに、
「ぼくがとうちゃんで、とうちゃんがぼく」
みたいな高度な設定も登場。
場合によっては
「ぼくがとうちゃんでとうちゃんがママでママがぼく」
とか。
で、僕に「○○(嫁さんの名前、僕が嫁さんを呼ぶように)」
と言ったり、嫁さんを自分の名前で呼んだり。
そのまま寝る時間になると、
それぞれの「役」に合わせて的確に布団を割り振る。
僕も嫁さんも、誰が誰だか一瞬混乱しつつ考えるのに
息子は何の迷いも無くスラスラと指示。
脳内でそれぞれ完全になりきっているんだろか?

そしてこの「なりきり」はまだ終わらない。
次は合わせ技が登場し始める。
まず、「ぼくはこどものいぬ、とうちゃんはとうちゃんいぬ」
みたいな状況になっていて、
ふとウルトラマンごっこがしたくなった場合。
「ぼくはこどものいぬのセブンで、
とうちゃんがとうちゃんいぬのかいじゅうね」
みたいな設定になる。
こっちはなかなかついていけないんだけど
息子はそこでも完全になりきる。すごい。

先日は、
「ぼくはうしなの」
と牛になっていた時にTVでウルトラの父をみて、
「ぼくはうしのちちなの」
と連呼してて笑ったw
息子はまだ牛乳アレルギーだしw

子供の頭ってすごいわ。

アトピッ子のお料理ブック―卵・牛乳・大豆・小麦を使わない ママたちが考えたアレルギー食レシピ
アトピッ子のお料理ブック―卵・牛乳・大豆・小麦を使わない
ママたちが考えたアレルギー食レシピ

タグ:息子
by ボボコフ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記:息子 | edit
この記事へのコメント
それすげーな。  天才じゃね?

子供ってみんなそーなの?
Posted by おさる at 2007年06月19日 23:50
やっぱり?
天才じゃね?w
Posted by ボボコフ at 2007年06月20日 09:50
これは・・・ふ、複雑すぎるw
読んでて分からなくなってきました。
>「ぼくがとうちゃんでとうちゃんがママでママがぼく」
高度すぎますw子供ってすごい。
>「ぼくはうしのちちなの」
これこそまさに早代わりですね。一瞬にして父に。ん?乳?

なんか読んでてガラスの仮面を思い出しました。
完全になんにでもなりきれて迷いも無いなんて、天才子役の誕生じゃ?
Posted by 夏海 at 2007年06月20日 12:24
複雑なんですよw

なんかここにきて複雑ブームが去った?みたいで
割とシンプルな遊びに戻りつつあって一安心w

そのうち、ふと気付けば息子自身も
あんな複雑な遊びは出来なくなってるんじゃないかとw
Posted by ボボコフ at 2007年06月21日 15:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのTrackBack URL
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。