ボボコフのブックマーク → ブクマページ
2007年07月02日 | 東京 🌁

息子に、「今いくつ?」と聞くと
「2さい」
と答える。
これは2歳になる頃教えたから。

1から10まで「言う」事もできる。
風呂でいつも一緒に数えてたから。

でもまだ、「数える」事は理解しきれてない感じ。
本人も試行錯誤してるっぽい。

この前食事中、息子は自分の分をペロリとたいらげ、
僕と嫁さんの分のカボチャを欲しがって騒いだ。
仕方ないので、
「あと何個ほしいの?」
と聞く。

何でも自分で決めさせるのが一応うちの方針。

息子は、いくつにするか決められないのか、
数がよくわからないのか、
少し困ったような顔で
「え〜っと〜・・」
と悩んでいた。

馴染みのある言葉遣いの方がいいかと思って
「かぼちゃ、いくつほしいの?」
と聞きなおしてみた。

すると、自信なさげに、
少しだけはにかみつつ、
「ん〜と・・・2さいほしい。」


萌えたw

「いくつ?」って聞かれたら
「2さい」って答えるように教わったんだもんなぁ。
タグ:子供
by ボボコフ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記:息子 | edit
この記事へのコメント
すると、自信なさげに、
少しだけはにかみつつ>


かわいいな。  子供にとっては、家庭が自分の知る世界の全てだもんな。  その返事も大きなチャレンジだったんだろうな。
Posted by おさる at 2007年07月04日 16:42
なんかあの時は、チャレンジしてみました的な雰囲気が確かにあったw
笑っちゃったんだけど、今にして思えばそういう時笑っていいもんなのかとか少し考えてしまう。。。
Posted by ボボコフ at 2007年07月05日 19:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/46463809
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。