ボボコフのブックマーク → ブクマページ
2005年10月18日 | 東京 ☔

プレーオフの是非

パリーグのプレーオフは
ペナントを制したホークスが
2年連続で敗退という結果になった。

僕は現行のプレーオフ制度に反対である。

ローゼンカバリーさんのブログの
プレーオフ万歳というエントリを読んで
色々と思うところがあったのでトラバして反論してみる。

中にはプレーオフ反対論もあるが、私はやっぱり大賛成。
優勝にかけた想いが一球一級にに垣間見れて
野球の醍醐味というものを深く感じ取る事ができた。
試合が非常に面白かった事には異論なし。
僕も野球の面白さを再認識した。

プレーオフというのは雑に表現すると
1年間かけてやっていたものが無駄になるかもしれないという
ギリギリ感が高校野球のような緊迫感を生んでいる。
これもわかる。
短期決戦特有の緊迫感が
ゲームを引き締めるし面白くする。

プロ野球にはやらなくちゃいけない試合が少なすぎる。
こうゆう試合がもっと増えるのであれば
プレーオフがなくなったって別にかまわない。

だから、今のところプレーオフ万歳!
確かにペナントレースは長く、
その試合を落としたらおしまい、という場面は少ない。

逆にプレーオフというのは短期決戦であり、
ある意味面白さが約束されていると言ってもいい。
1試合、1チャンス、1球が
生死を分けるような試合が集中するのだから。

そういう意味では、
僕はプレーオフというもの自体には賛成だ。
そりゃ、面白いのだから当然。

しかし現行のやり方で、となるとどうか。
僕自身が去年書いたエントリから引用。
現行のプレーオフは、パリーグ全球団が均等に総当り戦をし、
全ての順位が誰の目にもはっきりと決まった後で
もう一度敗者復活戦をしてるわけです。
どう考えてもおかしいですよね。
1年経った今もこの思いは全く変わらない。
どう考えてもおかしい。

本来プレーオフというのは、
その出場権をかけて勝ち残ったチーム同士が
さらに優勝をかけて争う、という形のはず。

現行のやり方は「1度優勝を決めた後に敗者復活」
という感覚がどうしても拭えない。

今回のロッテ優勝というのは、
久々というのもあるしシーズン中も旋風を巻き起こしたわけだし
それはそれでまあありかなという気もするが、
これが5割に満たない成績で
ギリギリプレーオフに滑り込んだ西武だったらどうなのか。

その可能性が大いにある制度だという事を
よく考えるべきだと思う。

スポーツの制度に明らかに理不尽な要素というのは
あってはいけないと思う。

さらにローゼンカバリーさんの
「プロ野球にはやらなくちゃいけない試合が少なすぎる。」
に関して言うと、
確かにプレーオフは「やらなくちゃいけない試合」が見れるが、
現行の制度ではレギュラーシーズン中の
「やらなくちゃいけない試合」が減るのではないか。
ほぼ無くなると言ってもいい。
何が何でも1位にならなければいけない理由が無い。
今回のホークスを見てもわかるように、
試合間隔等の面を考慮すると
むしろ2位の方が有利な面さえある。

こんな制度はなくした方がいい。

これも去年書いたことだが、
やるならばチーム数を増やしてからにするべき。
増やさないのならば撤廃するべきだと思う。
この記事へのコメント
それは見方をセリーグと同じようにパリーグを見ていると言う事ですのでそりゃ反感を持ちますよ。プレーオフ制度はまったく新しいルールですからね。レギュラーシーズンはまず3つの出場権を取るための戦いをするわけですから、言い方を悪く言えば手を抜くところは抜いていいわけです。手を抜くというのは若手に経験を積ませて選手育成をし層を厚くする時間を使うこと。ロッテがそれを実行したに過ぎません。去年もコロコロ変わる日替わり打線でレギュラーと控えの壁が無く、選手層が厚くなりました。ですから今年はロッテの選手の目や表情、プレーへの自信など違いましたし、若手選手がたくさん成長し出てきました。ここがソフトバンクの違うところです。ロッテのバレンタイン監督はメジャー監督経験もありプレーオフ制度をよく理解しています。王監督は反対にレギュラーシーズンで1位通過でも優勝と言う事にならないにしろ1番を取るために控え選手や若手の育成を怠り、外人を3選手起用してほぼ固定した打線でした。これでは控え選手や若手選手は育ちませんし、本当に強いチームなのか分かりません。巨人と同じような戦い方をしていますので気をつけないといけませんね。今までならレギュラーを固定してとにかく勝てば良いという簡単な状況でのシーズンばかりでしたので、補強費を積んで良い選手を取れば良いという単純な問題でした。しかし王監督は去年の失敗を反省してプレーオフ制度とはどういうものなのか勉強しなかったんでしょう。ですから今年も負けたのです。私も現在のプレーオフ制度には欠点があるとは思いますが、何を始めるにしてもまずやらないと長所と短所はわかりません。これから10年20年と続けていき日本シリーズと同様の価値に作り上げていくためにも不備がありながらも実施しなければならなかったのです。それをたった2年であ〜だこ〜だと文句を言うのはおかしいですよ。文句があるなら良い案を考えてNPBに言えばいいでしょう。それすらもせずただ、反感があり文句を言うだけのファンはプロ野球を見る資格はないと私は思います。
Posted by イサコニ at 2005年10月18日 15:58
コメントどうもです。

>セリーグと同じようにパリーグを見ている
これはプレーオフの無いセとあるパ、という意味でしょうか?

>プレーオフ制度はまったく新しいルールですからね。レギュラーシーズンはまず3つの出場権を取るための戦いをするわけですから、言い方を悪く言えば手を抜くところは抜いていいわけです。
この考え方で徹底されていればまだわかります。
現状、レギュラーシーズンはここまで割り切った扱い方をされてませんよね?
それから僕はバレンタイン監督の手腕はすばらしかったと思うし、ロッテの優勝も本当に良かったと思ってます。
ホークスよりマリーンズの方が好きですし。

が、それと制度の問題は別です。
イサコニさんのコメントはそこが混同されている気がします。
ホークス、もしくはライオンズが優勝していても同じ事を仰りますか?
現行の制度はその可能性が大いにあるんですよ?

>何を始めるにしてもまずやらないと長所と短所はわかりません。
現状見えている長所と短所は、プレーオフ実施前から見えていたものばかりだと思いますがどうでしょう?

>これから10年20年と続けていき日本シリーズと同様の価値に作り上げていくためにも不備がありながらも実施しなければならなかったのです。
作り上げていって欲しいとは思いますが、そのために今実施しなければならなかった、というのには同意しかねます。
やはりチーム数が少ないですよ。

現状のチーム数でやるのであれば、セパの上位2チームをたすきがけ式で対戦させて勝者で優勝決定戦、でしょうか。
もしくは前期後期の2期制。。。
とりあえず今の制度よりはマシだと思います。

>それをたった2年であ〜だこ〜だ
2年どころか実施前から言ってました。
申し訳ありません。

>文句があるなら良い案を考えてNPBに言えばいいでしょう。それすらもせずただ、反感があり文句を言うだけのファンはプロ野球を見る資格はないと私は思います。
かなりの極論ですね。
僕がNPBに言ってないなんてわからないじゃないですか。言ってませんがw
文句を言わないファンばかりになったらプロ野球もおしまいでしょう。

僕はただ単にあの制度おかしい、セリーグには導入しないでね、と言いたいだけなので、現時点で必死になってNPBに言うとかそんなつもりはありません。
本格的にセリーグも、、となったらちょっと待て、と言わせてもらうかもしれませんが。
んー、でもどうせ言っても無駄だからやっぱり言わないでしょうけど。
Posted by ボボコフ at 2005年10月18日 16:34
せっかくトラバ頂いたのでちょっと真面目に…

私は超パリーグファンなので
昔からセリーグに妬みを抱いているわけですw
それがプレーオフ制度が始まって
終盤の純粋な試合の話題はパリーグが総取りになりました。

特に今年はホークスとマリーンズがゲーム差5を巡っての攻防。
オリックスとライオンズが3位を争っての攻防。
そのお陰でつまらない引退試合とか
チーム無視のタイトル争いとかを気にしなくてすむようになりました。

実際、パリーグの入場者数も徐々に増えてますし
純粋に試合で注目を浴びる事のできるパのプレーオフは賛成で
パリーグだけ注目されていたいので
セのプレーオフは反対!w

それと
>やるならばチーム数を増やしてからにするべき。
>増やさないのならば撤廃するべきだと思う。
やれることはできる時にやっておかないと
将来的にまたできるかどうか微妙っぽくないですか?
例えば今年、楽天が参入しましたが
もし今シーズン後に持ち越しになっていたら
本当に参入できていたか疑わしいです。

同様に、世界大会の条件が悪いからと
参加拒否をほのめかした選手会には
かなり不信感を持っていました。

チャンスの女神は前髪しかないと言いますし
やれるときにやっておかないと走りすぎちゃうよ。
Posted by ローゼンカバリー at 2005年10月18日 16:47
>それがプレーオフ制度が始まって
>終盤の純粋な試合の話題はパリーグが総取りになりました。
>純粋に試合で注目を浴びる事のできるパのプレーオフ
そういう観点で語られると反論できませんw
その点では確かに効果があるし、3位、4位のチームも終盤まで、単にAクラスかBクラスかという域を超えた楽しみがありますからね。

>つまらない引退試合とか
面白い引退試合もあったのですが
世間的には霞んでしまいましたw

にしてもやはり問題点が多いです。
日程的なものも含め、シーズンの大半を占めるレギュラーシーズンの重みが無さ過ぎます。

この辺りはイサコニさんが仰ったような「とりあえずやってみなければ」という範疇を超えてます。
やる前から明らかにわかる問題なので。
それを放置して実施しているというのは怠慢だと思うんです。
今やるにしても、もっと詰められるはずなのに。
理不尽な制度がいくら盛り上がっても
逆に白ける人も大勢出るわけで。

あれだけいい試合をしたのだから、敗れたホークス側の選手やファンも納得いくような制度が必要です。

>やれることはできる時にやっておかないと
>将来的にまたできるかどうか微妙っぽくないですか?
将来的に理想とする姿が明確になっていて、
それに向かってとりあえず「今」立ち上げる、というのは良いと思うのですが、
理想も無くとりあえず立ち上げたものに、その場その場で思いつきの修正を加えていくようなやり方は拙いと思います。
ドラフト制度も同じです。

「今の制度を足がかりにより良い未来を」というイメージを見せてくれていればそれ程文句は無いんですけど。
「プレーオフ面白いね」で満足して終わりっぽい所が一番不満なんです。
Posted by ボボコフ at 2005年10月18日 17:11
>にしてもやはり問題点が多いです。
>日程的なものも含め、
>シーズンの大半を占めるレギュラーシーズンの重みが無さ過ぎます。

本当にそうなんでしょうか?
私の友達に子供の頃からロッテファンという
稀有な人間がいますが
1位になっていた時は純粋に喜んでいましたし
2位になった時は悔しがってました。
一方で3位以下のファンは3位を目指して(維持を)
懸命に願っていました。

まあ、プロ野球のシーズン1位の価値は確かに薄くなってますが
ファンは増えているし、収入も増えています。
プロ野球ありきでファンなのか
ファンありきでプロ野球なのか
何基準でシーズンの重みなんでしょう?

野球という『スポーツ』だけで考えれば
プレーオフなんか無い方がいいのは間違いないです。
もっといえば、優勝が決った時点で残りの試合はカットするとか
高校野球のようなトーナメント方式で行った方が良いとも思います。

ただ、プロ野球は『スポーツ』である一方
『エンターテインメント』という商業ですから
より多くのファンが楽しめるようにする必要があると思います。

ということを踏まえると
長い間、人気の無かったパリーグが
注目を浴びる事ができるようになった
プレーオフは考えられる範囲では大成功だと思います。

最初に友達のロッテファンを稀有な存在と書きましたが
私も元西武ファンでかなり稀有な存在でした。

パリーグの野球というのは
雑誌でしか情報を得られないような
本当に不遇な時代が長く
日本シリーズでもセリーグの選手は祭り気分で
パリーグの選手は唯一の見せ場で必死だったそうです。

そんなパリーグが陽の目を見るキッカケになったプレーオフに
古くからのパリーグファンが「悔しいから」以外で
制度に不満を持っているというのは
ちょっと私には考えられないです。
Posted by ローゼンカバリー at 2005年10月18日 18:14
>1位になっていた時は純粋に喜んでいましたし
>2位になった時は悔しがってました。
順位がある以上、それは当然なのですが
「プロ野球にはやらなくちゃいけない試合が少なすぎる。」
という意味で考えると、レギュラーシーズンの1位争いに絡む
やらなくちゃいけない試合はほぼ無くなってしまいました。
2位、3位でOKですから。
1位のメリットは日程等から考えてそれ程ありませんし。
トーナメントに途中から入るというのは難しいものです。

3位争いが熱いのは良い事なんですが、
それ以上に1位争いが熱くないと。。
Jの優勝争いよりも降格争いの方が熱いのにも
同様のもやもや感を感じます。

>ファンは増えているし、収入も増えています。
これが継続的なものなのか、一時的なものなのか。
よく考える必要があると思います。
一時的だ!と言いたいわけでは無いのですが、
レギュラーシーズンの価値の低下によるマイナス減少が起こる可能性もあると思います。
サッカー日本代表がいくら盛り上がっても
なかなかJリーグには反映されないように。

>ただ、プロ野球は『スポーツ』である一方
>『エンターテインメント』という商業ですから
>より多くのファンが楽しめるようにする必要があると思います。
同意です。
なのでより多くのファンが楽しめる制度を目指すべきです。

優勝チームが決まり、日本一が決まり、全てが終わった後に、
「で、結局今年はどこが一番強かったんだろう?」
なんて形はおかしいです。
面白い試合が増えたり盛り上がったりするのは良い事ですが僕のようにスッキリしないものを強く感じてしまう人も多いのが今の制度です。

そういう意味では今年の西武に日本一になってみて欲しかったです。
その時の世間の空気がどうなったのか。

>プレーオフは考えられる範囲では大成功だと思います。
なので僕は大成功だとは思わないです。
プレーオフが盛り上がるのは当然なわけで。

導入しないよりは良かったかもしれませんが、
導入の仕方としてはかなりいい加減だったんじゃないかと。
もっと良い方法はあると思います。
Posted by ボボコフ at 2005年10月18日 18:59
 同じようなことを昨日書いたので、ちょっとコメント。
僕は物心ついた頃からずっとバファローズファンだったので、今年一年は野球ファン浪人でした。

どこも応援せず、冷めた目で一年間野球を遠くから眺めてましたが、プレーオフなんて目出度いよな〜ぐらいの感覚です。

一年間戦って1位なのと、短期決戦で1位なのは別の強さのはず。
日本シリーズは短期決戦ながら、総合力の勝負をしてほしいんですよね。矛盾?

Jリーグでのレギュラーシーズンとナビスコカップを一緒にしちゃったみたいな感じがします。


バレンタインの手腕は評価しますが、プレーオフを分かってるから…ではないのでは。
アメリカでプレーオフに出場するには「1位」が絶対条件ですから。(ワイルドカード除く)

現在は1位よりも2位か3位の勝った方が有利という時点でちょっとダメ制度だと思います。


最後まで注目されるのはいいけど、ドラマが無いですよ。1位チームが優勝できないと言う悲劇のみで。

プレーオフが楽しいのは野球が楽しいと言うよりも、スリルを楽しんでるだけだと思うんですよね〜。

ホント、西武に優勝してほしかった。
勝率4割台のチームが日本一なんて、皮肉にもほどがあるってね。
Posted by Doppio at 2005年10月19日 02:02
僕もDoppioさんと同じような考えです。

>最後まで注目されるのはいいけど、ドラマが無いですよ。1位チームが優勝できないと言う悲劇のみで。
日本人は悲劇が好きですよねぇ。

>プレーオフが楽しいのは野球が楽しいと言うよりも、スリルを楽しんでるだけだと思うんですよね〜。
それはありますね。
今年に関しては実際に面白い試合が多かったのも事実ですけどね。

とにかく、やるならやるでいいけど
早急な改革が必要だと思います。
もっと誰が見ても納得がいくような形式にしないと。
Posted by ボボコフ at 2005年10月19日 10:19
コメントを見させていただきました。

私もプレーオフ制度を実施する前に悪い点があるのは分かっていました。

しかし未完成品のままプレーオフを実施しなければならなくなった状況は何だったのかと考えると、1リーグになる危険性が近い将来出てくる可能性が非常に高いからです。

1リーグになる可能性とは、一番は去年の近鉄と同様に赤字で球団経営が出来なくなること。

球団数が減らないようにするには収入アップを図らないといけません。

12球団の収入を一括にまとめて均等分配制度を作れば、交流戦やプレーオフは実施されなかったと思います。

しかしそれは嫌だと大半の球団が反対したわけです。

去年、ようやく集客数が多いセリーグ側に頭を下げて、長年の夢をパリーグは実現することが出来た。それが今年から始まった交流戦でした。

しかし試合数は微々たるものなので、それほど収入アップにはつながりません。

まだ何か手を打たなければならない。。。

ということでプレーオフという制度を未完成品と分かっていながらも実施しなければならない状況だったわけです。

このことからも分かるようにパリーグというのは
それほど切羽詰った状況だと言う事を把握できます。

去年までダイエーホークスでしたが、強くなってからはほとんど、満員の福岡ドームでした。

しかしダイエー球団は赤字でした。

あれだけ客が入っているにもかかわらずです。

ですから近鉄が消滅したのも非常に分かります。

消滅球団を出さないとなるとお金を稼ぐしかありませんから、注目を集められるソフトを探すことになります。

それがメジャーリーグのプレーオフでした。

これをなんとか日本でも実施できないかと・・・

日本ではアメリカと同じルールでは作れない状況でしたので、ある程度骨組みをして格好だけでも作り実施しないといけない状況になったわけです。

球団赤字を補填できるくらいの額を他のビジネスで補える球団なら良いんでしょうが、いずれ補えない球団は必ず出てきます。

それを打破するにはプレーオフのような新しいソフトを作り上げないといけません。

プレーオフも実施上、無理が出てくれば消滅するでしょうが、今動かないと大変なことになると私は思います。

12球団が仲良く手をつなぎさえすれば、こんなことにもならないのでしょうが、ビジネスとエンターテイメントの両立というのは非常に難しいのでしょうね。

地区ごとにわけるとか色んなやり方もあるわけですから、いろんな案を出してやっていけば良いんじゃないでしょうかね。

まあプレーオフだけに固執する必要もないわけですから、プロ野球改革期として、10年ほどいくつか案を出して、違うものを実践するのもまた面白いかもしれませんよ。

何か強力なソフトが見つかれば良いわけですから。とにかくパリーグがつぶれないようにセリーグも協力しないといけません。



Posted by イサコニ at 2005年10月20日 15:38
あの時の状況を打開もしくは改善すべくプレーオフを導入した、というのはわかります。
僕はそれ自体には反対じゃないですし。

しかしそれにしても実際に作った制度には問題が多過ぎないですか?
同じプレーオフをやるにしても、より良い方法があると思いませんか?
百歩譲って、あの年は時間が無かったから仕方ないとしても、2年目も同じ形で実施というのはどうなんでしょう?

僕はそこに納得できないんですよ。
今後も早急な改善を考えているようには見えません。
ありそうなのは、試合間隔を考慮して4位のチームまで参加とか。ありえないですよそんなの。
理想はチーム数増やして・・なんですがまだどちらかと言えば減らす事を考えてるようですし。

打開策を模索するのは良いですが、何を理想とするのか、しっかりしたイメージを持って欲しいですね。
ホークスがほぼ毎試合満員なのに赤字というのも根本的な部分に問題があるからだと思います。
近鉄だって、選手全員の年俸を0にしても赤字、というとんでもない経営をしてたわけで。

イサコニさんが仰るように、色んな案を出してより良くしていけば良いと思うのですが、実際は「盛り上がった、めでたしめでたし」という雰囲気が感じられるのが不満です。

交流戦等の影響でカープも赤字転落しましたし、来季以降は巨人の放映権料もやばそうなのでセリーグもピンチです。
球界全体でドラフト、プレーオフ、年俸その他を徹底的に見直して良い方向に向かっていって欲しいです。
Posted by ボボコフ at 2005年10月20日 16:03
去年実施して悪い点を見直し改善点が1つもなかったという部分については私も納得行きますね。

野球のルールをしっかり把握できている人は違和感があると思うのですが、まだ野球を見始めたばかりの人や興味を抱いて少しずつ見ようとしているファンがついて来れないのではないかと心配したんじゃないでしょうか?

サッカーなどのように単純なルールではない野球は、スポーツの中で一番複雑で分かりにくいルールになっています。

ですが複雑なほど覚えれば楽しいのが野球というスポーツです。

特に女性ファンを増やしていきルールをしっかり覚えた上での応援をしてもらいたいと考えているのではないかと思います。

早急に見直して実施したい考えは当然あるとは思うのですが、ファン全体一人一人の事を考えると1年後とではなく2年ごとにしていこうと現在の状況で考えてあえて去年は改善しなかったのではないでしょうか?

プレーオフ制度を2年実施してどういうものかファン全体に分かってもらえたことを踏まえて、今年のオフは改善するよう話し合いが行われると思いますが、一気にというわけにはやはり行かないのが現実でしょうかね。

野球に詳しい人には我慢できずストレスがたまる思いではありますが、自分も野球を小さい頃にルール覚え始めた頃のことを考えると一気に理解は出来ないと思うんですよね。

早急に出来ないにしろ、先ほども述べたようにプレーオフに限らず、色んな案を出して試行錯誤していくしか方法は無いと思います。

いろんな案がある中で、あえてやってはいけないのは長年積み重ねてきた完成品を壊してしまうこと。それはセリーグ・パリーグの2リーグ制。

現状のオールスターや日本シリーズは長年続いてきたものですし、これは何が何でも続けてもらわないといけません。これプラス今年から始まった交流戦ですね。

今の現状にプラスαできるようなシステムをこれから時間はかかって良いと私は思うので誰もがわかる活気あるシステムを作るためにも、動くことを辞めずにどんどんいろんな新しい試みをしていってもらいたいのが希望ですね。

あとは現行のプレーオフは線香花火のように最後盛り上がって終わってしまうような感じにはなるでしょうが、将来を見据えた新しいシステムを作るための土台作りだと割り切って見るようにしないと行けないのかなと思います。

不満はいつまでたっても消えないと思うので・・

とにかくその時のルールをしっかり把握して実行したチームが一番だと最終的には私は思いますし、また今新しいプロ野球の形として入る物を作っている途中なんだと思って違う「視点」から観る見方をするのも面白いんじゃないですかね?

私にも不満はたくさんあります。

でもこれはプレーオフ制度がない時のような見方をすれば、当然不満は出るだろうと思っていました。生まれてから1位チームが優勝というルールでしたから。そのルールで長年見てきた人には急に見方を変えろと言われても無理があるのは当然です。

ですので私は割り切るように見てましたし、割りきってとにかく新しい見方をしないとプレーオフ制度に限ってですけども、心の底からは楽しめずに歳を取るだけなので・・・

割り切ってとにかく楽しむのが一番ですよ。

そのときのルールで新しい見方を見つけて楽しんだ者勝ちだと思います。










Posted by イサコニ at 2005年10月20日 18:20
イサコニさんの視点は、ファンとしてすばらしいものなのかもしれません。
またきっと改善してくれるのだろう、今は今でとりあえず楽しんでしまおう、という。

それは良いとして、実際にルールを作る側の人達はそういう考え方じゃダメですよね。
ダメならまた変えればいいじゃん、経営やばいしとりあえずやっとこう、みたいな。

やる以上はその時点で考えられるベストな案を実施すべきだし、明らかになった問題点は早急に修正すべきだと思うんです。

彼らはベストを尽くしたとは思えないし、尽くそうとしているとも思えません。

合併問題の時、あれだけの騒ぎになって改革を、となったのに、結局大した改革は行われていません。
結局その場しのぎであれこれやったとしても、彼らの意識が根本から変わらないと球界は良くならないと思います。

イサコニさんがファンなんだからとにかく楽しもう、というのも分かりますが、
ファンだからこそ、もっとしっかりしてくれ、と言いたい気持ちもあるんですよ。

とにかく良い方向に変わっていってくれれば良いのですけどね。
Posted by ボボコフ at 2005年10月21日 06:08
プレーオフは熱いね。短期決戦の切迫感はプロの底力を見せつけられた感がありました。  本気出せばあそこまでやれるという事を目の当たりにして 涙出る程興奮しました。  
Posted by おさる at 2006年02月11日 21:42
熱くなるのは当然なんだけどそれをできるだけ沢山見たいし、
より納得いく形でやって欲しいので常により良い形を模索して欲しい。
Posted by ボボコフ at 2006年02月13日 01:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/8296801
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。