ボボコフのブックマーク → ブクマページ
2009年10月06日 | 東京 ☔

プリンのカラメル

カープの話とか子供の話とか色々書きたい事はあるんだけど
また更新のハードルが高くなるサイクルに入ってる。。

で、どうでもいい話。
プリンのカラメルはなぜ下にあるのか

カラメルが下にある理由は別にどうでもいいんだけど、
そもそもカラメルがある理由がわからん。

この記事とか見るとさもカラメルはみんな大好きみたいに書いてあって意外なんだけど。
あれ余計じゃない?

昔から
なぜソフトクリームは最後にコーンを食わねばならんのか?
と同じくらい、
なぜプリンは最後にカラメルを食わねばならんのか?
というのは自分の中で大問題だった。

で、試行錯誤の末、
穴を掘っていってまず底からカラメル部分を食って
邪魔者を排除してからおいしくプリンをいただくという食べ方になった。

とろける系でたまにカラメルないやつがあるけどあれはすばらしい。
あとカラメルじゃなくて生クリーム的なやつが上にあるのも良い。

以上。
タグ:プリン
2008年05月22日 | 東京 ☀

フライドフィッシュ

ひっそりとメニューから消えたケンタッキーの「フライドフィッシュ」。

ケンタッキーのフライドフィッシュが
メニューから消えたらしい。
ショック。

長いことケンタッキー行ってないけど。
小さい頃からよく食べた記憶が。

たまに行けば大抵注文してたんだけど
あんまり売れてなかったのか。

タルタル好きには外せないメニューなので
ぜひとも復活させて下さい、タルタルソースフライドフィッシュ。
2007年07月10日 | 東京 🌁

納豆の食べ方

好きな納豆の食べ方ランキング

基本的に美味いからどれも美味いよなぁと思いつつ眺めたけど。。

マヨネーズ納豆が無いじゃんこれ。
マイナーなのか。
トーストよりは一般的かと思ったけど。

まああれは人を選ぶしね。

納豆のネバネバが、ベッタベタになるし。
体にも良さそうじゃないしね。
素人にはおすすめできない。
2007年03月12日 | 東京 ☀

たべられるあれ

『ドラゴンボール』の仙豆、食べちゃった!

『ドラゴンボール』のストーリー中、何度となく悟空たちのピンチを救ってくれた、「仙豆」。

1粒食べればパワー全快、そして10日間は何も食べなくてもいいとされていたこの“ステキ豆”、一度食べてみたいと憧れたことある方も多いかと思うが、とうとうその仙豆が、製品化された。しかも、ちゃんと「仙豆」とプリントされた、陶製の壺とセットで。
1粒で10日分保証してくれないと仙豆とは認められませんが。。
怪我が早く治るとか。

それはともかく。
澁谷さんによれば、近年、アミューズメント景品の世界では、お菓子など「食べ物」を扱った景品が、ジャンルの一角をなしているという。
これはいい傾向。

いつか商品化されるだろうと思いつつ
子供の頃からその登場を心待ちにしているあれが
そろそろ登場するんじゃないかと期待。

パップラドンカルメ
YouTube - パップラト"ン力ルメ


ドラゴンボール 陶器の仙豆壷&仙豆風枝豆 【予約商品・07年3月入荷予定】
2006年09月25日 | 東京 ☁

ガチャピン好き必見

最近のガチャピンの活躍ぶりはホントすごい。


ガチャピンドリンク 「ガ茶」(30缶入)

ムックがんばれ。
2006年02月21日 | 東京 ☁

イチゴとみかんの食べ方について

イチゴのおいしい食べ方って知ってる?
よくTVやCMなどでイチゴを食べているシーンがありますが、ほとんどは先端から食べています。しかしここにおいしい食べ方に関する秘密があるそう。実は、イチゴは先端にいけばいくほど糖度が高いそうです。ということは、甘いほうから食べていくとその先にある糖度が低い実はより酸っぱく感じてしまう。チョコなど甘いものを食べた後に、柑橘類を食べると酸っぱく感じるのと同じですね。よっておいしい食べ方は、ヘタの方から先端へ食べ進めるのが正解なのです。
何言ってんだ、イチゴは一口で食べるのが一番うまいに決まってるじゃん!
どっちが甘いもくそもあるかい。

ついでにみかんの方も。
正しいみかんの食べ方は存在する?
1. 白いスジだけ簡単にとり、房ごと食べる人
2. 房もスジも気にせず丸ごと食べる人
3. スジをていねいにとり、房も吐き出す人
4. 夏みかんのようにひと房づつむく人

僕は2です。
ちなみにみかん1個を大体2口で食べます。

3と4は意味がわからん。
ちまちま食べたらおいしくないよ。

ちょうど先日僕の実家で両親とみかんの食べ方の話になり、
僕の両親は
「うちみたいに房ごと食べるのは特殊で、房を出すのが一般的だ」
と主張していたが、僕と嫁さんはそんな人見た事が無いと主張した。

この記事にもちょっとだけ触れられてるが、
どうも上の方の世代の人は出す人が多いっぽいね。

若者は出しませんよ、若者は。
2006年02月06日 | 東京 ☁

たこわさび

「たこわさび」が大好きだ。
そもそもたこ自体が好きなんだがその中でもたこわさび。

居酒屋行ったら大体注文する。
これがあると酒もすすむ。

ただ、食べすぎには気をつけている。
一度これを食べ過ぎて怖い思いをしたから。

地元の友達と朝まで飲んだ時に、僕はたこわさびを食べつづけた。
一人でトータル4つくらい食べた。

すると翌日。

味覚が完全に麻痺。
何を食べても味が全くしなくなった。

あれは焦った。

チョコレート食べても全く何も感じない。
醤油と水の区別もつかなかった。

一生このままなのか、と思ったら怖くなって。
美味い不味いはもちろん腐ってるとかもわからんし。

翌朝普通に復活して安心したけど。

やっぱわさびが原因だったのか?
以来たこわさびの食べ過ぎには注意している。
と言っても結構食べちゃうんだけど。
2005年10月19日 | 東京 ☁

マスカットになっちゃいました

あの「酢だこさん太郎」がマスカット味に!?

やばいこれスゲー食いたい。
コンビニ巡りしたら出会えるか??
2005年10月09日 | 東京 🌁

in 北海道 ラッキーピエロ

飛行機の中でとる昼食に選んだのは
ラッキーピエロのハンバーガー。

これもローゼンカバリーさんに
教えてもらわなければ知らなかった。

店内には「でぶや」や「いいとも」で
紹介された時の様子が貼られていた。
ハンバーガー愛好会金賞受賞!とか。

ハンバーガー愛好会って凄いのだろか?

とにかく店は独特な雰囲気。

皆はとりあえず人気No1と書かれていた、
チャイニーズチキンバーガーを注文。

甘い肉が苦手な僕は
チャイニーズチキンは甘そうだという読みで
土方歳三バーガーを注文。

中身はホタテフライ。
何故土方歳三なのかは謎だ。

はやる気持ちを抑え、
飛行機に乗り込んでからようやく食べる。

hijikata.jpg
ホタテがデカイ!

嫁さんに一口貰ったチャイニーズチキンは
予想通り甘くて好みじゃなかったが
土方さんの方は文句無く美味かった。

結局、旅行前に予定していたものを
全て予定通り食べたのは僕だけ。
誰よりも北海道を満喫し、
とにかく大満足の旅だった。

生後11ヶ月で北海道デビューしたうちの子。
物心つく頃には北海道に行った事など
完全に忘れているんだろう。
ちょっと悲しいがまた改めて行けばいいか。

しかし早く行くためには仕事頑張らないとな。。。

というわけで、東京に戻って既に約1ヶ月。
旅行の話、ようやくおしまい。

in 北海道 やきとり弁当

4泊5日の北海道旅行も
あっという間に最終日。

宿で朝食をとり、出発。
昼過ぎには飛行機に乗るのであまり時間がない。

最後は五稜郭をざっと見て帰る事にした。
が、僕はその前にハセガワストアに寄って
やきとり弁当を購入。
タレと塩で迷ったのだが、
初めてならタレがオススメだと
店員さんに言われたので素直にそれに従う。

朝食と昼食の間に無理やり食うので
もちろん買ったのは僕だけだ。

函館に来たら是非押さえておくべきらしい。
ローゼンカバリーさんに聞いてなければ
絶対買うことは無かっただろう。
函館ではメジャーなものらしい。

時間の都合もあったので
弁当は持ったまま五稜郭を見て空港へ。

皆が順番に土産なんかを買っているスキに
一人やきとり弁当にがっつく。
yakitori1.jpg
写真はばっちり撮った!
最終日になってようやく学習した。

yakitori2.jpg
北海道ではやきとりと言うと
豚串の事を指すらしい。

このやきとり弁当も豚串。

いい味出してた。
美味かった。

が、購入から時間が経ってしまったので
タレでご飯がベタついてしまってちょっと残念。
この弁当、注文してから焼いてくれるものなので
出来立てをその場で食うのがベストなはず。
ちょっともったいない事をした。

次回は是非出来立てを。
2005年09月27日 | 東京 🌁

in 北海道 朝市

さて、函館朝市。

朝市と言っても着いたのはお昼。
夕方までやってる、なんて話を聞いてたので
割と余裕ぶっこいてたのだが。
どうやら2時までだったらしく、
既に閉店の準備を始めている店が多かった。

軽く焦りつつ、どこで食べるか迷う。
適当にそこらの人に聞いて薦められた店に向かう。
が、その周辺にも美味そうな店が多数。
また迷う。

しかし時間も無いし、
どうせどこで食っても美味いだろうって事で
薦められた店に決定。
名前忘れたw

僕はカニ、ホタテ、いくらの三色丼を注文。
過去2度の北海道旅行で海鮮丼を食べなかったのが
かなり心残りだったので、待ちに待った一杯。

それを待つ間に店の人と話をしていて
メロンはどこで買ったらいいの?と聞いたら
個人で出してる店で買ったほうがいいと言うので
待ち時間に案内してもらった。

試食させてもらうとこれまたなかなか美味い。
息子用に小さく切ってもらったものを息子に渡すと
美味そうにかじってた。
生えかけの歯で。
初かじり。

で、嫁さんの両親が僕の実家への土産に
メロンを買ってくれた。

嫁さんは何を思ったか「このかぼちゃ安い!」と
横にあったかぼちゃにも注目。
ここは近所のスーパーか、
という僕らのツッコミも無視してかぼちゃも購入。

そうこうしてる間に海鮮丼完成。
見たことが無いほどどっさり盛られた海鮮に驚き。
この旅行記、毎度美味い美味いしか書いてないが
本当にどこで食うものも美味い。

北海道人は幸せだなーと再び実感しつつ、完食。
don.jpg
食べ終わった瞬間、また写真を撮り忘れた事に気づき、
どんぶりだけ撮影。

皆大満足で、金森赤レンガ倉庫へ向かう。
2005年09月21日 | 東京 🌁

in 北海道 だるま

夕食はジンギスカン。

しかし昼食から時間が経ってなかった為
皆あまり食欲が無い。

義父さんと義母さんは
ちょっと食べられそうにないという事で息子を見ててもらい、
残りの3人で突撃。

ネットで調べた結果かなり評判が良さげな
だるまという店へ。

実はだるまの肉はマトン。

ローゼンカバリーさんからは
ラム肉の店が無難だというアドバイスを貰っていたのだが、
無難に美味いものを食べるよりも
「これぞ!」というのを食べてダメだったら仕方ないじゃないか!
という方向でまとまったのでだるまになった。

店は混み混みで行列ができていた。
また写真撮り忘れたけど。

店内は煙が充満。
美味そうなにおい。

カウンター席のみで、
かなりキツキツに座る感じ。

最初は二人分の席が開いて、
そこに強引に三人で座らされたのだが、
隣の客が気を利かせてずれてくれたので
何とか普通に座れた。

いよいよ初のジンギスカン。
jingi.jpg
途中で気づいて写真撮った。
けどもっとアップで撮れば良かったなぁ。

羊の肉って豚のようにちゃんと焼かないとダメなのか?
基本からわからんので店員に質問。
「初めてですか?あまり焼かない方がいいですよ!」
との事。
さらにズレてくれた隣の客も
「レアが美味いんだよ!」
とアドバイスしてくれた。

僕は基本的にレアが好きなので軽く焼いてガツガツ食う!
うんまい!

誰だ、羊の肉はくさいなんて言ったのは。
全く気にならない。

他の店で食べたら痛い目にあうかもしれんけど。

お腹的に1人前食べれるか不安な状態だったのだが、
軽く平らげて1皿追加してしまった。
僕は肉はご飯なしでは食べられない人なので
もちろんご飯もセットで。

嫁さんもちゃっかり1皿追加していたので
義姉さんがビビってたw

昼に続いて大満足。
値段も悪くない。

北海道はすばらしい!
2005年09月15日 | 東京 ☁

in 北海道 トリトン

羊ヶ丘展望台の次にやってきたのは
回転寿司トリトン。

ローゼンカバリーさんに薦めていただいた店。
ネットで調べたら実際やたら評判が良かった。

東京の回転寿司と変わらない価格帯。

しかし食べてビックリ。
うんまい。
東京で食ってたものとは全然違う。

サーモンが美味い。
えんがわが美味い。
たこが美味い。
かんぱちが美味い。

食べるもの全部美味い。

さんまの寿司を食べたのは初めてかも。
これも美味かった。

嫁さんは中トロを口に入れた瞬間目をまん丸にして
「もうない!ごはんしかない!」
と意味不明発言。
口に入れた途端とろけた、という事らしい。

とにかく至福の時だった。。。

腹一杯食べて大満足。
すばらしいコストパフォーマンス。

東京と変わらない値段で
こんなにも違うものが食べられる北海道の住人に嫉妬。

そしてまた写真撮り忘れた。
何やってんだ。

次の目的地は大倉山のジャンプ台
2005年05月07日

ビストロむく

嫁さんと息子とお義母さんと一緒に
「ビストロむく」で昼食。
お義母さんにご馳走してもらった。

あまり有名じゃない?けどオススメの店だ。
福生の隠れた名店?

続きを読む
2005年02月26日

全国有名駅弁とうまいもの大会

全国有名駅弁とうまいもの大会
ってイベントが立川伊勢丹で開催されていて、
嫁さんのお母さんが弁当を買ってきてくれた。
続きを読む
2004年11月30日 | 東京 ☁

ルイベ食べたよ。

ちょいと前にウチのブログでルイベって?なんて話があったんですが
そのルイベとやらを食べました。

新宿で飲み会があり北海道料理を出してくれる店だったので
もしやと思ったらやっぱりありました、ルイベ。
ますのすけのルイベ。

早速注文。

ルイベ登場。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。